Ho, Stanley

    Company: SJMホールディングス

    姓: Ho(ホー)

    名: Stanley(スタンリー)

    職種: 名誉会長

    紹介: 香港の何東族に生まれたスタンレー・ホー氏は、1962年にマカオのギャンブル事業の独占権を獲得し、その後40年間はホー一家が独占し続けた。2002年にギャンブル事業を競合他社に開けたが、ホー氏率いるSJM社は大手として君臨し続けた。近年はコタイ島に施設を建てるのがライバルより遅れたことにより市場シェアが減少傾向にある。2018年には96歳にして事業から引退した。娘のパンジー、デイジーや息子のローレンスなど子供たちがマカオの主要人物に育っている。

    Related Articles

    ゲンティン:林を見て木を見る

    マレーシアでのカジノ独占権、ニューヨーク州の5つの自治区でのカジノ独占権、シンガポールにおける複占的カジノ経営権(duopoly)、そしてマニラにおける寡占的なカジノ経営権。ゲンティン・グループ(以後「ゲンティン」)がこれまでに手に入れた輝かしい実績だ。

    デイジー・ホー:粤港澳大湾区計画がマカオにとってチャンスとなる

    火曜日に開催されたG2Eアジアの開会の辞を述べたSJMホールディングス(SJM Holdings)の会長兼執行取締役のデイジー・ホー氏(Daisy Ho)は、中国の粤港澳大湾区計画に大きな役目を果たすマカオの前途が明るいと語った。

    SJMの新IR、ライバルと異なるサービスで勝負

    SJMホールディングスのエグゼクティブ・ダイレクターであるアンジェラ・リョン氏(Angela Leong)は先週、同社がマカオのコタイ地区に参入する最後のマカオゲーミング事業者であることに関して地元メディアにコメントした。

    SJM取締役会の権力争いでパンジー・ホーが動く

    先週水曜日、フォク・ファウンデーション(Fok Foundation)、スタンレー・ホー氏(Stanley Ho)が所有するシュン・タク・ホールディングス(Shun Tak Holdings)、そしてパンジー・ホー氏(Pansy Ho)が所有する3つの企業との間で提携を結んだ。

    アーナルド・ホー氏、新しいIR「リスボエタ」の全容を明らかに

    マカオ・テーマパーク&リゾーツ社(Macau Theme Park and Resorts = MTPR)は、これまで8年間にわたり温存してきた娯楽施設のプロジェクトを復活させることで、今後建設を計画している50億香港ドル(約720円)規模の統合型リゾート・コンセプトの全容を明らかにしたと地元メディアが報じている。

    アルファスロット、オンラインとオフラインゲーミングの世界をつなぐ

    香港を拠点とし、トークンの先行販売中であるアルファスロット(Alphaslot)は、オンラインやオフラインの世界を繋ぐモデルを手に、マカオで最大級のゲーミングファミリーの関心を引いた。

    スタンレー・ホー氏の辞任、SJMの一つの時代が幕を閉じる

    ギャンブル王として有名なスタンレー・ホー氏(Stanley Ho)は、SJMホールディングスの会長を正式に辞任し、マカオのギャンブル業界における約60年のキャリアに終止符を打った。
    シェア