林国泰

    Company: ゲンティン・グループ

    姓: 林(リム)

    名: 国泰(コック・タイ)

    職種: 会長兼最高経営責任者

    紹介: リム氏はマレーシアの億万長者の一人として知られている。2003年に会社の創設者であり父の林梧桐(リム・ゴ・トウ)が退職した後、ゲンティング・グループを引き継いでいる。 リム氏の指揮のもと、シンガポールのリゾーツ・ワールド・セントーサの建設等、他のプロジェクトを推し進め、ゲンティング・グループはその栄華を極めている。 しかし近年、リム氏一族内では継承問題が複数の訴訟によって係争中である。

    Related Articles

    ゲンティン:林を見て木を見る

    マレーシアでのカジノ独占権、ニューヨーク州の5つの自治区でのカジノ独占権、シンガポールにおける複占的カジノ経営権(duopoly)、そしてマニラにおける寡占的なカジノ経営権。ゲンティン・グループ(以後「ゲンティン」)がこれまでに手に入れた輝かしい実績だ。

    ゲンティン、複数のIR入札を計画

    ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)の会長兼最高経営責任者のリム・コック・タイ氏(Lim Kok Thay)は、株主総会では日本におけるIR戦略を明らかにした。その内容には東京・大阪付近の大都市市場を見据えた複数の入札が含まれている。

    ゲンティン、日本IR入札に「慎重ながらも前向き」

    ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は最近に公開した年次報告では、日本での活動に関する声明を発表した。

    ゲンティン、マカオ参入も引き続き視野に

    ゲンティン・グループのホールディング会社であるゲンティン・ブルハド(Genting Berhad)の会長兼CEOの林国泰氏(リム・コック・タイ)は、マカオ政府がカジノライセンス更新期に新たな参入者を受け入れる場合、同グループはライセンス入札に興味を持っていると現地メディアのアジアワン(AsiaOne)が報じた。
    シェア