Stern, James

    Company: ウィン・リゾーツ

    姓: Stern(スターン)

    名: James(ジェームズ)

    組織: グローバル・ゲーミング&リゾート・セキュリティ

    職種: 最高経営責任者兼マネージング・ パートナー

    IRへの意見: 賛成派

    紹介: スターン氏は20年以上FBIで務め、2007年にはウィン・リゾーツに入社した。ウィンでは企業戦略兼捜査担当上級副社長として勤務していたが、同社の社員をスパイした疑惑が浮上し、2019年4月に辞任した。現在はラスベガスを本拠とするグローバル・ゲーミング&リゾート・セキュリティ(Global Gaming & Resort Security)の最高経営責任者兼マネージング・ パートナーであり、日本および東アジア地域のアドバイザリー契約を求めている。

    Related Articles

    ジェームズ・スターン氏、日本のカジノ・セキュリティーを語る

    4月に解任となったウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の元企業セキュリティー上級副社長であるジェームズ・スターン氏(James Stern)は東京で記者会見を開き、2020年代に日本の初となるIRの開業におけるセキュリティー懸念事項について語った。

    ウィンCEOを称賛、セキュリティー責任者が辞任へ

    ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)の性的違法行為疑惑に対する調査が長きにわたり行われた結果、現職の社長兼最高経営責任者であるマット・マドックス氏(Matt Maddox)が現職を維持するに適しているとネバダ州の規制機関が判明したと同社が発表した。

    日本IRのセキュリティ問題 

    IRの設立は新たなセキュリティ上の課題をもたらすと思われるが、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の企業セキュリティ上級副社長であるジェームズ・スターン氏(James Stern)によれば、日本はそれらの問題に対してうまく対応が出来るだろうとのこと。
    シェア