金曜日, 9月 25, 2020
ホーム 著者 からの投稿 Michael

Michael

2391 ARTICLES

新型コロナロックダウン、オンラインギャンブルにとって分岐点

ここ数十年間、従来型の施設からデスクトップやモバイルデバイスへのシフトが起こりつつあるが、新型コロナウイルス感染症によるロックダウンから生まれる結果の一つは、生活のデジタル化へ抵抗を覚えている日本や世界中の高年齢増がやむを得ず乗ずることになった。アジアにおけるギャンブル産業に対しても言い切れることである。

IR基本方針、遅延は避けられない状況に

日本のIR計画が最終的に現在の政策方針に沿って進むかどうかは別として、ここ数週間の状況の変化により、計画が予定通りに進む可能性が低くなってきた。

新型コロナウイルスと東京五輪、IR計画を脅かす

日本における現状は、安倍晋三首相の勇退パーティーを阻止する完璧な嵐になりつつある。

日本の統合型リゾート演劇

日本における統合型リゾートの長くて屈曲だった道のりは昼ドラのようなものである。展開の遅いペースを考えると、米国NBCで半世紀近く放映されているデイズ・オブ・アワ・ライヴスとはいい勝負になる。

安倍政権が崩壊すれば、日本のIR方針は存続するのか

2018年7月にIR実施法が成立されて以来、日本のIR開発が本当に前進するかという質問に対する答えは肯定的な領域にある。しかし、ここ数ヶ月の予期せぬ出来事により、日本のIR方針が完全に崩壊してしまう可能性が少なくともゼロではなくなった。

和歌山IR誘致のキーワード「シナジー」

多くの者にとって、和歌山県のIR誘致は大阪の夢洲開発との距離が近いため、3つあるライセンスの一つを取得する期待が薄いものだ。

大阪、IR再検討の瀬戸際か

IR開発が進む過程の様々な時点で、大阪の先導者たちが3つあるIRライセンスの取得に向けて上手い具合に進捗しているように見えていたが、今は松井一郎市長と吉村洋文知事が一旦身を引いて、改まった視点で状況を確認するタイミングかもしれない。

秋元議員が拘留されるが、多くの疑問が残る

安倍政権下の殆どの政治スキャンダル同様、今回の賄賂事件は謎の解明、そして教訓を活かした改革などに繋がることはなさそうだ。そして完全な真実が明らかにされる前に調査は停止し、論理的な進歩も追及されないまま、政府は何もなかったかのよう振る舞う。

長崎の平田研副知事との対談

AGB Nipponとの独占インタビューをさせて頂いた長崎副知事の平田研氏は、国の大事となる話題に触れつつ日本の最も準備が進んでいる地方自治体IR候補者について詳しく話を聞かせていただきました。

新型コロナウイルスでアジアのカジノ産業が大打撃

もし日本のIRが既に3カ所開業していれば、武漢で発生した新型コロナウイルスの拡散は業界にとって最悪なニュースになり、日本のゲーミング業界は、マカオやシンガポールなどのアジア市場と同じ苦難に直面していたであろう。

アクセスランキング

和歌山県知事 日本のカジノ立ち入り政策への意見を撤回


和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリナシティのカジノを地元の日本人らも利用出来る可能性があるいう意見を表明し、4月上旬のコメントを撤回する形となった。仁坂氏の考えの変化はこの一連の件に関する和歌山市長の尾花正啓氏との意見の食い違いから生じた模様。

ランディング社、2018年下半期中のパラニャーケ市IR承認を目指す

ランディング・インターナショナルは、今年下半期にマニラ・パラニャーケ市のIR建設許可を取得する予定である。「申請書はすでに提出し、数ヶ月間の期間を経て受理されることを祈っています。」とCOOである李・ジェイ氏(Jay Lee)は水曜日の独占インタビューで語った。

赤旗 IR賛成議論の「矛盾」を指摘

先月の関西IRショーケースに参加した国際IRオペレーター役員らは、辛辣な質問を次々と投げかけてくる日本人記者達の中に日本共産党のしんぶん赤旗の記者が混じっていたことに気付いておらず、当然のことながら赤旗の記者と編集者らはオペレーターらの発言内容に対して不快感を抱いた。

観光動向 地域IRへの吉報


2020年代には日本の小規模な地域にはIRがまだ1、2ケ所のみ存在していると思われるが、現在の観光業界の動向がそういった地域に対して有利に動いている模様。

2017年の韓国におけるカジノ収益、5.9%の減少を記録

2017年の韓国のカジノ売上高は、3月に中国当局によって発令された韓国への団体旅行禁止令の影響を受け、5.9%の減少となった。