土曜日, 10月 24, 2020
ホーム スポーツベット

スポーツベット

eスポーツ市場、飛躍的な成長を見せる

ゲーム関連出版社Gzブレインの発表によると、eスポーツの市場規模は48億円台に到達し、前年比13倍の成長を成し遂げた。

中国のeスポーツ市場、2020年までに世界のユーザーの6割を占める

中国のゲーミング複合企業であるテンセント(Tencent)の今週火曜日の報告では、中国のeスポーツ市場は2020年までに3億5000万人のユーザーと約15億ドル(約1650億円)の規模に拡大し、そのユーザー数は全世界の59%を占めると予想されている。

タブコープなど国外事業者、米国のスポーツベット市場を注視

米国政府がスポーツベットの合法化について各州に裁量権を付与しているのを背景に、業界の複数の外国有力企業が巨大な米国スポーツ産業に注視している。

豪州でのモバイル・ギャンブルが上昇、全体のベット数は減少

調査会社ロイ・モーガン社(Roy Morgan)の報告によると、オーストラリアはモバイル機器を利用したギャンブルが増えているが、6年前と比較して全体のベット数は少なくなっているという。

ベトナム、認定スポーツベットを許可する法案を可決

ベトナム国内のマスコミ報道によると、ベトナム政府は、政府認可のスポーツイベントでのギャンブルを許可する旨の新しい法律を可決した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

オーストラリアでも人気上昇、新たなeスポーツベンチャーが立ち上がる

アクイス・エンターテインメント(Aquis Entertainment)とエグゼクティブ・スポーツ・アンド・エンターテインメント(Executive Sports and Entertainment)は、キュー・イースポーツ(QeSports)という合弁会社を立ち上げ、eスポーツ市場へ参入した。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

アクセスランキング

JR西日本 夢洲までの路線延長を検討

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)は、大阪ゆめ咲線の現終点の桜島駅を越えて大都市IRの提案先である夢洲にまで延長する計画の可能性を4月下旬に発表された中期経営計画(2018~2022年度)にて策定。

バリエール「お誂え」IRに重点


グループ・バリエール(Groupe Barrière)の代表らはAGB Nipponとの独占インタビューにて日本内でヨーロッパ風のIR構築のコンセプトを具体化させる際、その特定の場所に合わせて「誂える」という考え方が重要な要素であると語った。

新たな大阪ビジネスリーダー IR開発を優先

関西経済同友会の代表幹事に最近就任した池田博之氏は大阪の夢州でのIR発展を全面的に支援しているとインタビューで主張し、「IRは兆円単位の投資と万人単位の雇用が生まれる産業だ 」と時事通信社に話している。

日本のユニバーサル、アメリカでの製造ライセンス取得へ

オカダマニラ(Okada Manila)を子会社と持つユニバーサル・エンターテインメントの声明によると、同社はカジノ運営に使用される機器や装置の製造を行う目的で米国でのライセンス取得を計画しているという。

国会会期 7月22日まで延長

IR実施法案における野党との厳しい争いを前に、自民党は通常国会を7月22日までの32日間延長を決定。