Monday, April 22, 2024

ホールの依存防止対策を立入検査

遊技産業健全化推進機構は3月11日、都内で定例理事会を開催し、立入検査を行う38団体を助成団体として再認定することを可決した。

パチンコホールの減少が止まらず

月を追うごとに減り続けるパチンコホールの店舗数は、パチンコ業界が直面している不景気を悲劇的に表している。

大手パチンコ業者たちがパリ協定を支援、コンソーシアムの発足へ

大手パチンコ業者のダイナム・マルハン・アンダーツリーは、エネルギー削減とパリ協定が定める環境目標の実現に向けて3社共同で東京電力とコンソーシアムを発足した。

オークラホールディングス、2018年7~12月期に良好な業績

パチンコ事業者のオークラホールディングスは、2018年7~12月期にて純収益の大幅な増加を記録する見込みである。

ユニバーサル・カプコンのパチスロ協業「強力なコラボレーション」

ユニバーサル・エンターテインメントと株式会社カプコンの遊技機事業の協業が「強力なコラボレーション」であると業界アナリストがAGB Nipponに述べている。

5大手パチンコ業者、ギャンブル依存対策講座を開催

2018年にカジノが合法化されたことにより政策立案者や一般市民からの圧力が高まる中、5大手パチンコ業者が1月30日に一致団結してギャンブル依存と闘う意思表示をした。

ダイナム、営業収入減少に対して「依然として厳しい状況」

全国でもっとも多くパチンコホールの店舗を展開しているダイナム・ジャパン・ホールディングスは、香港証券取引所への報告にて2018年4月~12月間の営業収入が4.6%減少したことについて「依然として厳しい状況が続いております」と述べている。

パチンコ業界、逆風下

ユニオン・ゲーミングが26日に発表した予想では、パチンコ業界の収益がこれから6ヶ月一時的に底を打っているが、今後は相次ぐ逆風の影響で収益が再び減少することが見込まれる。

ダイナム社、コスト削減により収益性アップ

全国でもっとも多くパチンコホールの店舗を展開している株式会社ダイナムは、コスト改善に努めた結果、2018年4月~9月期の税引前利益は前年比47.6%伸びていることを発表した。この収益性向上は総貸玉収入の2.6%減少にかかわらず達成したものである。

パチンコメーカー社長殺害される

名古屋を拠点とするパチンコメーカー「高尾」社長の内ケ島正規氏(39)が10月25日の朝、会社の駐車場にて刺されて死亡。早朝に会社を出た際に襲われ殺害されたと思われ、会社の警備員が午前7時30分ごろに遺体を発見。

アクセスランキング