Friday, March 1, 2024

愛知県パチンコ店駐車場にて強盗事件

愛知県知立市にて5日、パチンコ業界関係者が現金3000万円を奪われた。

大型パチンコチェーン店、7月の豪雨被災者を支援

最大のパチンコチェーン店らは広島や岡山を中心に230人以上もの死者を出した7月の西日本の豪雨の被災者を支援する手立てを模索してきた。

北海道パチンコ店ら輪番休業を制定

通常ならば電力消費量が高いとされている大手のパチンコ企業だが、電力の危機に直面している北海道では特別な保全措置として単にネオンサインを消すといったものではなく店舗の輪番休業を制定するという一歩踏み込んだ手段に出ることにした。

北海道パチンコ店、電力危機に直面

北海道にある約430のパチンコ店は地震の影響を受けている他の企業や世帯同様、直ちに電気消費量を最低でも20%削減するという政府からの要求に直面しており、店の多くが否応なしに特徴あるネオンサインや店内の明かりを消す結果となった。

北海道パチンコ店強盗被害

治安国家として知られている日本ではあるが、先日北海道のパチンコ店にて女性店長が包丁を持った強盗に脅され144万円の現金を奪われた。

パチンコ界惨状への不安上昇

パチンコが事実上一種のギャンブルであり、解決案の存在しない大規模な依存症問題となっていることを示唆する国内屈指の有力者である内閣官房長官菅義偉氏によるテレビ発言はすでに苦戦しているパチンコ業界をさらに震撼させた。 

ダイナム、2018年第2四半期収入減続く

店舗数においてはパチンコの最大手企業であるダイナム・ジャパン・ホールディングスは、4月から6月にかけて前年度比4.1%の減収を記録した。遊戯金額が低価格の店舗に比べ、高価格の店舗がより険しい減少に見舞われている。にもかかわらず営業費用のコスト削減、特にパチンコ・パチスロ機費用の46.9%削減により営業利益は増加。 

パチンコ、12店舗が豪雨被害で閉鎖

先週の西日本の豪雨が原因で広島、岡山、愛媛県での少なくとも12店のパチンコ店が業務を中断することを余儀なくされたことを知った。約10店舗は現時点でも閉店したままである。

パチンコとタバコの関連を絶つ

6月下旬に東京都議会が抗喫煙条例を可決したことにより日本の社会的また法的基準が変わり始めており、パチンコ業界はさらに一つの大きな政策課題に直面することとなった。

共産党 パチンコ配当を指摘

日本共産党の田村智子議員は7月5日のギャンブル依存症対策基本法案の議論中にパチンコ配当金問題について政府を激しく非難した。

アクセスランキング