金曜日, 10月 30, 2020

大阪が夢洲の環境影響評価を早める

2025年の世界博覧会前に大阪IRを開設するためには夢洲の環境影響評価の認定をスムーズに取得することが不可欠であり、大阪府と市は異例となる影響評価の進行を早める処置を取る。

米国連邦政府、ハラスメントをめぐりインペリアル・パシフィックを起訴

インペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)は、同社のハイローラー客が言葉によるハラスメントまた性的嫌がらせをしたとして、米国雇用機会均等委員会に訴えられている。

タイ、W杯期間中のギャンブル関連逮捕数が増大

ネーション紙(The Nation)によると、タイの警察は今年のFIFAワールドカップの期間中において、2014年のトーナメントの時期よりも3倍近くのギャンブル関係の犯罪者を逮捕したという。

大阪政府、夢洲の治安対策を練り始める

ここ数週間、期待が高まる夢洲IRに関する大阪府と大阪市の治安対策の概要が明らかになりつつある。

シアヌークビル市のビジネスの9割を中国が握る

シアヌーク州当局の報告によると、シアヌークビル市における9割のビジネスは、中国人によって独占的な状況にあるという。

インペリアル・パシフィック、カジノライセンス更新料トラブル

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2019年8月12日を期日とする1500万米ドル(約16億円)の年間更新料3分の1しか支払っていないことをめぐり、サイパン政府との間にトラブルが発生した。

東京の違法オンラインカジノ店に侵入で5人逮捕

東京警察は東京の錦糸町にある違法オンラインカジノ店での暴力行為と不法侵入の疑いで容疑者5人を逮捕したことを発表。

ランディング・インターナショナルの会長がカンボジアで拘束か

中国メディアの報道によると、韓国の済州神話ワールド・リゾートを運営するランディング・インターナショナル(Landing International)のヤン・ジフイ(Yang Zhihui)会長はカンボジアの空港で拘束された。

大阪の政治家、IR方針の先送りを批判

大阪の主要政治家は、政府がIR誘致の具体的な規定の策定を先送りする決断を公に攻め、残念な政治だと批判した。

ウイン・リゾーツ、ネバダのレギュレーターと解決へ

米国カジノオペレーターのウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、元経営者が創業者であるスティーブ・ウイン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為の疑惑に対応し損ねたと捜査で判明され、ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボード(Nevada Gaming Control Board)に解決費用を支払うことになった。

アクセスランキング

モルガン・スタンレー:マカオではゲーミング以外の収益が増加

モルガン・スタンレーの研究メモによると、マカオの主なカジノを経営する6社のEBITDA(金利・税金・償却前利益)成長率がゲーミング以外の収益増を背景に、ゲーミング総収益(Gross Gaming Revenue = GGR)の成長率を上回ったと述べた。

ユニバーサル:オカダマニラ管理会社のIPOを求める、カジノ売上は上昇

ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラ(Okada Manila)の所有権を管理するタイガー・リゾーツ&エンターテイメント(Tiger Resorts & Entertainment)の株式市場への上場を2年以内に達成させる方針を明らかにした。

ニュージーランドで顔認証技術の試用開始

ニュージーランドの15件のカジノで顔認証技術の試用が開始されており、数週間後には追加的に6台のシステムを導入する予定であると地元メディアが報じている。

メルコリゾーツ、マカオの責任あるゲーミングの公共ビデオに出費

メルコリゾーツ&エンターテインメントは、マカオのテレビにおける責任あるゲーミング文化を強化すべく公共サービスビデオに出資した。

中国による北マリアナ諸島への投資、米国へは脅威か

中国の北マリアナ諸島への関心が高まることで、自国の「戦略的アセット」として同島を捉えている米国の治安当局にとって懸念となっている。