Monday, November 30, 2020

サイパン、ジャンケット増加を検討

北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission, CCC)は本日、4つの新規ジャンケット申請とインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)会長の契約延長を話し合うことになった。

日本IR、パチンコ・公営競技を認めず

日本のIR規制におけるIR基本方針案の10ページにある文章によると、日本のIRにパチンコや競馬・競輪などの公営競技の設置が認められないことが分かり、一つの懸案事項が解決した。

国土交通省、IR基本方針案を公表

9月4日の午後に、国土交通省は突如の展開にIR基本方針案を公表した。これにより地方自治体とIR事業者は日本のIR規制をより明白に把握できるでしょう。

インペリアル・パシフィック、滞納をめぐり4000万円の罰金

北マリアナ諸島の現地メディアによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は年間更新料の滞納をめぐり、37万5000米ドル(約4000万円)の罰金が課された。

シンガポール政府が賭ける長期的視野に立ったカジノ税制度

いわゆる「ギャンブル」の合法化は、政策立案者が直面するであろう、最も意見が両極端に別れる課題だ。

大阪が夢洲の環境影響評価を早める

2025年の世界博覧会前に大阪IRを開設するためには夢洲の環境影響評価の認定をスムーズに取得することが不可欠であり、大阪府と市は異例となる影響評価の進行を早める処置を取る。

インペリアル・パシフィック、カジノライセンス更新料トラブル

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2019年8月12日を期日とする1500万米ドル(約16億円)の年間更新料3分の1しか支払っていないことをめぐり、サイパン政府との間にトラブルが発生した。

大阪・堺市でインターネット・カジノ摘発

警察は20日に、大阪・堺市の違法インターネット・カジノ「Peach」を摘発し、山口組の暴力団体幹部を含み8人を逮捕した。

名古屋・東京で違法カジノ摘発

警察の全国主要都市における違法カジノ摘発の発表が相次ぐ中、今週だけで名古屋と東京の池袋を合わせて新たに2店が摘発され、4人が逮捕された。

カジノ管理委員会、2020年1月に設立か

参議院議員通常選挙が終了した今では、カジノ管理委員会の候補者が選考されるのは秋の臨時国会となり、委員会が予定より6ヶ月先の2020年1月に正式に設立されることが予想される。

アクセスランキング

依存諸対策とカジノ入場料の見直し

今年は新型コロナウイルスがメディア報道の殆どを埋めているため、20年代後半に開業する統合型リゾート(IR)に対するギャンブル依存症などの対策が関心事としては後回しになってしまっている。