Monday, November 30, 2020

横浜警察、違法インターネットカジノで4人逮捕

先週、横浜警察は違法インターネットカジノ「Beast」へ踏み込み、店長の宍戸広幸氏を含み4人を逮捕した。

日本のIR産業と「カエサルの妻」

「カエサルの妻たるもの、そのような疑いすらかけられてはならない」という2000年以上前に異国で語られた政治的な英知は今、日本のIR産業にとって良い教訓である。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

福岡県の違法ルーレット店を摘発

福岡県警察は先週の1日、博多区中州の違法ルーレット店「ホープ」を含む違法賭博が行われてたとする2店舗を摘発し、関係者10名が逮捕された。

東京と大阪で違法カジノ摘発相次ぐ

全国で違法ネットカジノの摘発が相次いでいる。今週は東京・上野、大阪・淀川でそれぞれ逮捕者が出ている。

ドゥテルテ大統領、カジノ展開への扉を閉める

フィリピン大統領のロドリゴ・ドュテルテは本国でのゲーム産業の再展開はないと述べ、現在進行中の投資計画に対する不安が残る形になった。

ウィンCEOを称賛、セキュリティー責任者が辞任へ

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)の性的違法行為疑惑に対する調査が長きにわたり行われた結果、現職の社長兼最高経営責任者であるマット・マドックス氏(Matt Maddox)が現職を維持するに適しているとネバダ州の規制機関が判明したと同社が発表した。

シンガポール政府が賭ける長期的視野に立ったカジノ税制度

いわゆる「ギャンブル」の合法化は、政策立案者が直面するであろう、最も意見が両極端に別れる課題だ。

ゲンティン、増税影響が予想を下回る

UOBケイヒン・リサーチ(UOB Kay Hian Research)の調査によると、ゲーミング税増税によるゲンティン・マレーシア(Genting Malaysia)への影響は今年度の予算で発表されたほど大きくない、と現地メディアは報じた。

マカオIR事業者、政府と台風対策を練る

マカオのゲーミングライセンスを持つ6社のIR事業者は、マカオ・ゲーミング検査調整局(Gaming Inspection and Coordination Bureau)と会議し、7月から始まる台風シーズンに備えて連携を図り、対策を練った。

アクセスランキング

依存諸対策とカジノ入場料の見直し

今年は新型コロナウイルスがメディア報道の殆どを埋めているため、20年代後半に開業する統合型リゾート(IR)に対するギャンブル依存症などの対策が関心事としては後回しになってしまっている。