Monday, November 30, 2020

オーストラリア、オンライン・ギャンブルに顔認証を検討

オーストラリア内務省はギャンブル・ウェブサイト利用を抑制する対策として、顔認証技術で身分と年齢を確認することを提案していると現地メディアが報道した。

オンラインギャンブル禁止の裏、アデルソン氏の影響か

実質的にオンラインギャンブルの禁止に繋がりかねないアメリカ合衆国司法省の異例な政策の覆しの裏には、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長(Sheldon Adelson)の何百万ドル(数億円)の働きかけがあったと考えられる。

カンボジアがマネー・ロンダリング対策を強化

カンボジア警察の代表者によると、政府は国内におけるマネー・ロンダリング取締りの対策グループと行動計画を発表した。

フィリピン監査委員会の報告:パグコアは異議を申す

フィリピン・アミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)は、社員に対する「過剰な臨時報酬」と、別件の未払い問題について非難した最近の監査委員会(Commission on Audit = COA)による報告の結果について意義を申し立てた。

内閣、第一段階のIR施行令を閣議決定

安倍内閣は、特定複合観光施設区域整備推進本部が2月1日に公開した条文で概説されたIR実施法施行令案を閣議決定した。

大阪・堺市でインターネット・カジノ摘発

警察は20日に、大阪・堺市の違法インターネット・カジノ「Peach」を摘発し、山口組の暴力団体幹部を含み8人を逮捕した。

パチンコ台卸売会社、脱税により告発される

東京国税局が約4100万円を脱税したとして茨城県のパチンコ台卸売会社MYSSの藤本鎮代表取締役を告発した。

マカオの利権再入札プロセス、「安定性」を重視

2022年に利権の再入札が行われるマカオのIR6社は、「安定性」が政府の政策におけるキーワードになる。そう語るのはマカオ大学の国政IRマネジメント部門のグレン・マッカートニー准教授(Glenn McCartney)。

日本、マネーロンダリング対策が調査される

政府間の金融活動作業部会 (Financial Action Task Force = FATF)は日本のマネーロンダリング対策の現地調査を開始した。金融庁、金融機関、仮想通貨業者が調査対象となる。

ドゥテルテ大統領、パグコア職員2名を解雇

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)の2人の上級職員が汚職に関与した疑いでドゥテルテ大統領によって解雇されたと報道した。

アクセスランキング

依存諸対策とカジノ入場料の見直し

今年は新型コロナウイルスがメディア報道の殆どを埋めているため、20年代後半に開業する統合型リゾート(IR)に対するギャンブル依存症などの対策が関心事としては後回しになってしまっている。