Tuesday, July 27, 2021

マカオ経済財務官、カジノ利権更新の詳細は未だ調査中

マカオ政府は現在、ゲーミング利権更新へ対するアプローチを決定するためにテクニカルレポートの分析を行っている。

マレーシア警察、ギャンブル・娯楽施設の出入り禁止へ

マレーシア警察本部長のアブドゥル・ハミッド・バドル氏(Abdul Hamid Bador)は警察汚職防止のため警察官にギャンブル・娯楽施設の出入りを禁止したと現地メディアが報道した。

日本のIR規制は失敗の設計図

カジノやIRを持つ国は業界を管理するために独自の規制を策定しているが、日本は当初から多くの要素を寄せ集めて混ぜ合わせたがため、現状の不運を自ら招いた設計になったのではないか。

週間文春、シーザーズが政治家に「脱法献金」

日本最大級の週刊誌である週間文春はシーザーズ・エンターテイメントが日本の政治家に賄賂を贈ったと主張しているが、シーザーズはこれを容認された法的な慣行であると反論。

上院議員がPOGO調査を呼び掛ける

フィリピン上院議員のレイラ・デリマ氏(Leila M. de Lima)は、フィリピン海外ギャンブリング運営者(Philippine Offshore Gambling Operator = POGO)傘下の事業に焦点を当て、海外ゲーミング企業での不法労働者をめぐり調査を決議した。

カジノ管理委員会、2020年1月に設立か

参議院議員通常選挙が終了した今では、カジノ管理委員会の候補者が選考されるのは秋の臨時国会となり、委員会が予定より6ヶ月先の2020年1月に正式に設立されることが予想される。

自衛隊陸士長、違法ギャンブルで罷免

名古屋市の違法インターネットカジノを利用したことで陸上自衛隊の陸士長が一名罷免され、またその他6名も罰せられた。

岡田和生、一貫して無実を訴え続ける

岡田和生氏は、横領の容疑をめぐり自身とオカダマニラ(Okada Manila)元最高執行取締役の臼井孝裕氏の逮捕状に抵抗するためあらゆる法的選択肢を尽くして戦うと誓ったことがフィリピンの現地メディアに報道された。

カジノ管理委員会、1月7日設立へ

政府は18日、カジノ管理委員会を2020年1月7日に設立することを閣議決定した。

ネットカフェを装った違法カジノ摘発

南小岩にある「ホース」という違法カジノが警視庁に摘発され、経営者の柏木大典容疑者(39)を含む8人が逮捕された。

アクセスランキング