Bluhm, Neil

    Rush Street Gaming

    Company: ラッシュ・ストリート・ゲーミング

    姓: Bluhm(ブルーム)

    名: Neil(ニール)

    職種: 会長

    紹介: ブルーム氏は弁護士としてキャリアをスタートさせ、不動産業を経営し億万長者となった。 その後、ブルーム氏はゲーミング業界に参入し、北米の主要オペレーター兼開発者の地位を獲得した。 ブルーム氏とその家族は慈善活動に積極的であるほか、 ブルーム氏自身は米国民主党の献金者であり、著名な芸術家としても知られている。

    Related Articles

    ラッシュ・ストリート・ジャパン、北海道の建築チームを披露

    ラッシュ・ストリート・ジャパン(Rush Street Japan)は、北海道・苫小牧市でIRの実現を目指す建築チームを披露した。

    日経、札幌市でIRセミナーを開催

    日本経済新聞は5日、北海道札幌市で第2回IRセミナーを開催した。367名が出席。

    ラッシュ・ストリート、苫小牧IRアンケートを実地

    ラッシュ・ストリート・ジャパンは、人々が苫小牧IRでどのような施設があれば魅力的か声を寄せるために「My Tomakomai」というオンライン・アンケートを実施している。オンライン・アンケートは英語でも日本語でも受けることが出来る。
    Rush Street Gaming

    ニール・ブルーム、苫小牧について語る

    ラッシュ・ストリート・ゲーミング(Rush Street Gaming)は耐えず成功を収め続けてきた経歴を誇っており、今回日本でのIRライセンス獲得に対し自信を持っていると会社の会長であり、シカゴの大富豪としても知られるニール・ブルーム氏(Neil Bluhm)が AGB Nippon との独占インタビューにて語った。

    ラッシュ・ストリート・ジャパン、苫小牧市に注目 

    10月上旬にシカゴに本社を置くラッシュ・ストリート・ゲーミングの日本法人がひっそりと設立され、IRライセンスキャンペーンの主な方向性として北海道の苫小牧市に注目している模様。

    ラッシュ・ストリート、クレアベストとのイリノイ州カジノのパートナーシップ終了

    2011年より続いていたラッシュ・ストリート・ゲーミングとクレアベスト・グループのパートナーシップはチャーチル・ダウンズ(Churchill Downs)がイリノイ州のデスプレーンズ市にあるリバーズ・カジノ(Rivers Casino)のクレアベスト全株式を取得したことで終わりを告げた。
    シェア