藤木幸夫

    Company: 横浜市

    姓: 藤木(ふじき)

    名: 幸夫(ゆきお)

    組織: 横浜港運協会

    職種: 会長

    IRへの意見: 反対派

    紹介: 藤木氏は1970年より、藤木企業の代表取締役社長を務め(現職は代表取締役会長)、横浜港運協会の会長としても知られている。藤木氏は山下埠頭のさらなる発展を推進しているが、カジノ誘致には反対しており、他の実務家とは異なる姿勢を示している。

    Related Articles

    横浜市長のIR誘致、抵抗が相次ぐ

    横浜港運協会の藤木幸夫会長は山下ふ頭のIR誘致に対する抵抗の先頭に立っているが、先週にかけてカジノ反対の声が相次ぎ、同氏が独りではないことが明らかになり、林市長のIR誘致決定が激しい抵抗に直面すると考えられる。

    藤木氏、カジノ誘致に徹底抗戦を表明

    IR誘致が予定されている山下ふ頭の一部を所有する「ハマのドン」こと横浜港運協会会長の藤木幸夫氏(89)は、林文子市長のIRを誘致する方針に対して「立ち退きには応じない」と誓い、徹底抗戦を表明した。

    横浜商工会議所、IR誘致「大変喜ばしい」

    横浜市がIR誘致をする方針を固めた報道を受けた横浜商工会議所は不意を突かれたが、展開に対して喜びを表している。

    横浜がIR誘致へ

    横浜市の長い間にわたる優柔不断が終わり、林文子市長が週内に47ヘクタールの山下ふ頭を候補地とするIR誘致を表明することが19日に分かった。

    横浜市長、間接的にIR支持か

    林文子横浜市長は2017年1月に採択した「白紙」の立場は従来のままだが、行動と発言の裏にある考え方からすると、同氏が2016年末まで主張してたIR支持が今でも健在と考えられる。

    カジノ反対派、横浜市長に圧力かける

    横浜市長の林文子氏は、山下ふ頭で大型IRを建設するという計画がビジネス界の大きな一部と一般市民の大半から相当な政治的抵抗を受けるという兆しに再び直面している。

    IRオペレーター、 1兆3000億円の横浜投資を提案

    横浜市は月曜日、2018年の夏に行われたRFIプロセスの結果に関する具体的な概要を公開し、山下ふ頭でのIR開発にオペレーターが提案した投資見込額が6200億円~1兆3000億円などが明らかになった。

    藤木氏、横浜で反カジノ協会の設立へ

    横浜港運協会の会長である藤木幸夫氏は、カジノ反対の「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立することにより、横浜市へのIR誘致の阻止に注力している。

    横浜ビジネスリーダー、IR推進協議会を設立へ

    横浜商工会議所は、IR誘致を再び促進し「IR推進協議会」を今年中に設立することを発表した。

    横浜ビジネスリーダーら、IR入札を再び促進

    横浜のビジネスリーダーらは土曜日の会議を利用し、市政によるIRライセンス入札要請の更新を行った。

    日本のIRと住民投票

    地域のコミュニティ内でIR建設計画に反対する人々は、建設が住民投票を求めずに自治体で承認されるべきでないという意見でまとまり始めている。

    横浜港運協会、カジノ抜きの山下ふ頭IR計画

    横浜港運協会は7月18日の朝、約700名の政治家や企業家らの前で日本最大のMICE施設となる統合リゾートの主要要素を含めた上でのカジノ抜きの山下ふ頭の開発ビジョンを発表した。

    枝野氏 アメリカのカジノ企業に「国を売る」な

    野党のトップ指導者である枝野幸男氏は埼玉市の聴衆に向け、日本におけるIR設立は国を売却するようなものだと述べ、日本人の賭け金の損失が豊かなアメリカのビジネスマンの懐へと入っていくシステムだと批判。

    山下ふ頭IR概念へ強い反対 

    横浜港運協会の藤木幸夫会長は毎日新聞とのインタビューで山下ふ頭でのIR設置に対し強く反対を表明し、それでも市政府がカジノを主催したいという主張を推し進めたいのであれば、代わりに現地の米軍基地を改造するべきだと提案した。

    横浜IR入札山下ふ頭からみなとみらいへ移動か

    横浜市議会内の9名から成る日本共産党団長の荒木由美子氏はAGB Nipponとの独占インタビューにて林文子市長はIR入札を進める意思はあるものの、目的地が山下ふ頭からみなとみらいへと変わる可能性が高いと述べた。

    横浜市長、「静観」の姿勢維持

    林文子横浜市長は、統合型リゾート施設(IR)実施法案が地方ではなく大都市の市場により有利な形になるとの見通しが広がっているにもかかわらず、2017年1月に採択した「白紙」の立場を現在も維持している。
    シェア