マカオのカジノ王が残したリーダーシップ問題

マカオのカジノ業界の象徴的存在であったスタンレー・ホー氏(Stanley Ho)が死去したことについて、世界のニュースの見出しが注目した。それは中国南部と東アジア地域の歴史を良かれ悪しかれ大きく影響した証である。

選挙を見据えて

日本国民のIR開発に対する不評と安倍政権の以前と比較して弱くなった立場を考えると、IR誘致が前に進むかどうか地方選挙に左右される可能性がまだ存在する。

サンズの撤退、日本の政策立案者に対する「不信任投票」

今から1年ほど前の2019年4月に開催された決算電話会議での出来事、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の社長兼最高執行責任者のロバート・ゴールドスタイン氏(Robert Goldstein)は宣言した。

和歌山、IR誘致先送りの必要性を描く

今週はあるお知らせが届いた。この誰も予期しなかったものでポジティブとは言えないお知らせとは、和歌山県内にあるマリーナシティの開発をめぐり、和歌山県とパートナーシップを目指し申請書を提出したIR事業者は、サンシティ・グループ(Suncity Group)だけだということである。

新型コロナウイルス感染症、パチンコ産業の減退を加速

危機とは、新しい傾向を生み出すではなく、平和の時代のゆとりのある進化より早く、歴史の流、すでに出来つつある傾向を加速するものである。

日本IR開発、現実から目を背けることか戦略か

世間の目の届かないところで心配事を抱えているとしても、安倍政権のIR戦略は公に問題がなく、進路を変えず前進あるのみと振る舞うままである。

新型コロナロックダウン、オンラインギャンブルにとって分岐点

ここ数十年間、従来型の施設からデスクトップやモバイルデバイスへのシフトが起こりつつあるが、新型コロナウイルス感染症によるロックダウンから生まれる結果の一つは、生活のデジタル化へ抵抗を覚えている日本や世界中の高年齢増がやむを得ず乗ずることになった。アジアにおけるギャンブル産業に対しても言い切れることである。

IR基本方針、遅延は避けられない状況に

日本のIR計画が最終的に現在の政策方針に沿って進むかどうかは別として、ここ数週間の状況の変化により、計画が予定通りに進む可能性が低くなってきた。