米国部族カジノ事業、日本政府への教訓となる

ミッション・インディアン系の「サン・マヌエル族(San Manuel)」の元会長デロン・マルケス氏(Deron Marquez)は、AGB Nipponとのインタビューで日本の規制機関は米国の部族カジノから教訓を学ぶべきだと強く主張した。

ユニバーサル、多通貨などのスロット革新を導入

ユニバーサル・エンターテインメントは、多通貨オプションを含む二つの革新を導入し、オカダマニラのカジノに両方の配備を明らかにした。

MGMリゾーツ、天神祭に今年も協賛

日本MGMリゾーツは2年連続で大阪の「天神祭」に協賛し、祭りのフィナーレを飾る花火を奉納する。

和歌山県のIR有識者会議委員が明らかになる

和歌山県はIR有識者会義の初となる会議を8月6日に設定し、8人により構成される会議名簿を明らかにした。

ナガワールド、メコン地区最大の川沿いIRとなる

香港で上場しているナガコープ(NagaCorp)は21日、35億米ドル(約3770億円)の「ナガ3(Naga 3)」拡大計画に関する詳細を発表した。

2018年のパチンコ参加人口950万人

公益財団法人日本生産性本部余暇総研が7月18日に発表した『レジャー白書2019』の概要によると、2018年の余暇市場規模は71兆9140億円で前年比0.1%とわずかではあるが増加。

ガナパティ、9月にマニー・パッキャオのスロットゲームを売り出す

日本とフィリピンの相互支援的な関係をハイライトする製品だと主張するガナパティ(Ganapati)は、今年の9月にマニー・パッキャオ氏(Manny Pacquiao)をテーマにしたスロットゲームを発表した。ゲームの売上は、フィリピンで子供の教育を応援するマニー・パッキャオ・ファウンデーションに寄付される。

東京とフィリピン裁判所、岡田和生氏の訴えを拒否

東京とフィリピン裁判所は、自身が創業したゲーミング事業を取り戻そうと戦っている岡田和生氏の訴えを拒否した。