輝きを失い始めた大阪IR計画

2025年世界博覧会主催が決定した昨年11月から横浜がIR誘致レースへの参加を表明した今年8月まで、大阪・夢洲は日本で最も壮大で成功が確約されたIRが開発されると思われていた。

一般市民、IR誘致競争で置き去りに

3つあるIRライセンスの獲得を目指す競争は最終段階に近づき、日本国内の自治体と国際的IR事業者がしきりにライセンスの承認を待っている。しかし、一般市民の大半は期待で興奮しているわけでもなく、賛成もしない発展を見守っているだけだ。

横浜商工会議所、IR推進協議会を発足

3月から意向を示している横浜商工会議所は、IR誘致の促進を目指す「統合型リゾート(IR)横浜推進協議会」をついに発足した。

マカオのマス向けカジノ収益、VIP向けを超える

バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)のアナリストによると、マス向け市場が有力になるにつれて、2022年にはマカオにあるカジノのVIP向け収益の割合が34%まで落ちる見通しである。

東京都、青海地区でIR開発を検討

東京都は、まちづくり計画の策定で「東京ベイエリアビジョン(仮称)」という民間企業との対話型調査を発表した。計画には、青海地区でのIR誘致の可能性が明記されている。

セガサミー、2019年4月~9月期に売上高3.2%減少

セガサミーホールディングスは、2019年4月~9月期における売上高が1655億円の3.2%減を記録した。

世界のゲーミング機器の半分以上が日本に

2018年に世界の正当に設置されているゲーミング機器の数が740万2395機であり、大半数の58%を占めるのは日本である。

コナミ・ゲーミング、収益が成長を見せる

コナミ・ホールディングズは、ゲーミング&システム部門が好調な実績を残したにもかかわらず、2019年4月~9月期における収益が0.9%減少したと報告した。