北海道知事選、世論調査で鈴木氏が「先行」

メディアの世論調査によると、保守側与党の支援を受けている道知事候補の鈴木直道氏が、4月7日の北海道知事選挙日まで3週間を残した時点でリードしている。

HOGOが佐世保ビジネス・コミュニティとのIRマーケティング協業へ

マカオを拠点とするマーケティング会社のHOGOは、IRライセンスを目指す佐世保商工会議所のオフィシャル・マーケティング・パートナーとなった。

自民党の勝利が夢洲IRにブレーキ

大阪クロス選挙で自由民主党が勝利すれば、夢洲でのIR開発計画にブレーキがかかるという兆しが週末にかけて現れてきた。

GPIの株主がエンゼル・ホールディングスによる買収を認める

米国で上場しているゲーミング・パートナーズ・インターナショナル(Gaming Partners International = GPI)の株主が、日本のエンゼル・ホールディングス(Angel Holdings)との合併を承認した。

ベラージオに大阪城が登場

ベラージオ・コンサバトリー&ボタニカル・ガーデン(Bellagio Conservatory & Botanical Garden)の「ジャパンの春」をテーマにした展示で高さ10メートルの大阪城が意味ありげにセンターピースとして登場した。

公明党、反大阪維新側につく

4月7日の投票日が近づくなか、大阪維新の会の権力維持に大きな壁が立ちはだかる。大阪での影響力が高い公明党が維新との政治的同盟に背け、自民党が知事選に擁立した候補者を推薦する方針を固めた。

メルコ、プラスチック汚染を減らす取り組みを発表

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、エレン・マッカーサー財団が率いる「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」(New Plastics Economy Global Commitment)に参加する「世界初で唯一のホスピタリティーグループおよびIR事業者」となることを発表した。

バーンスタイン:シーザーズを現金による買収が出来るのはサンズのみ

月曜日にシーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)の株式保有率を再び引き上げた活動家・投資家のカール・アイカーン氏(Carl Icahn)は、シーザーズの買収を目指すことが見込まれているが、現金による買収が出来るような資金を所有しているのがラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)のみだとバーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)が断言した。

カジノ賛否が神奈川県・北海道の知事選挙に影響

左寄り野党は地域社会での反カジノ威勢を張り、神奈川県と北海道の知事選挙で新しい展開を起こしている。

長崎、2024年にIR開業を目指す

長崎県は、大阪府・和歌山県と並んでIRの2024年開業を目指し、3つあるIRライセンスの一つを修得した場合の準備を進めていると7日に開かれた県議会の総務委員会で県のIR推進室が明らかにした。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。