Wednesday, June 23, 2021
Japan-diet

日本のIR政策が崩壊寸前

日本のIR政策状況は現在危機的な状況に陥ており、このまま完全に崩壊するか、少なくとも長い間の停止期間をを余儀なくされる可能性が出てきた。

サンシティ撤退で和歌山のIR誘致が窮地に追い込まれる

サンシティ・グループ(Suncity Group)がIR事業者公募から撤退を表明し、和歌山県のIR誘致が突如窮地に追い込まれた。
tokyo tower view

日本IRのカジノフロア

カジノ管理委員会が2日に発表した「カジノ管理委員会関係特定複合観光施設区域整備法施行規則案」ことカジノ規則案はIR整備に感心を持つ人物により深く研究されています。多くのアナリストは今回の規則案は政府の思惑を明確化したと評価しているが、いくつか重要な問題も未解決のままである。
Nagasaki

麻生泰が長崎IRの誘致を後押し

長崎のIR誘致の挑戦に今までいなかった国政界のトップの味方がついた。現時点でIR誘致を正式に手を挙げている4か所の候補地それぞれに国政の顔がついていることは偶然の産物ではなさそうだ。
Japan-castle-view

カジノ管理委員会が無から現れる

発足から15ヶ月が経った先週、日本のカジノ管理委員会(Japan Casino Regulatory Commission(JCRC))がホームページや採用案内パンフレットなどを準備し、いくつかの発表を行い遂に姿を現した。

菅政権、IR関連の情報発信をせず

菅首相が就任して6か月以上の月日が経つが、日本IR政策に関する発言の少なさには驚きを隠せない。最近のメディア報道では政策自体が停止しているとも言われている。もちろん停止したわけではないが、外野がそう思うにも無理がない。

長崎県、IR政策の抜け穴をしっかりと塞ぐ

日本IRの競争において、確実に政策を進めている印象を与えている自治体は依然として長崎県のみである。

横浜IRの賛成派と反対派がそれぞれ体制を整える

横浜では今週、IR誘致の賛成派と反対派がそれぞれ8月の市長選に向けて体制を整い始めた。

内容薄い横浜IRのメッセージ:「アフターコロナ」

林文子市長陣営は横浜市民にIR誘致をアピールしようと動き出しているが、効果的な広報活動からほど遠い内容になっている。

横浜市長が再選を目指さない可能性浮上

3選を果たしてきた横浜の林文子市長が今年8月29日に任期満了を迎える。今まで林市長は4選を目指す事が既定路線であったが、最近になって出馬しない可能性も出てきた。

アクセスランキング