Monday, July 26, 2021
Home Authors Posts by Michael

Michael

1233 ARTICLES
Yumeshima station tower-rendering-Osaka-metro

大阪夢洲IRの孤独な日々

以前は最も期待値が高かった大阪の夢洲IRだったが、今となっては音沙汰がなくなってしまった。 しかし大阪IRが孤独な日々を過ごしているのは単純にメディア関心の低下が唯一の理由ではなく、地元経済界の態度にも変化が見え始めている。
Yokohama

横浜の反カジノ運動が躓く

8月22日に行われる横浜の市長選でこのシナリオを想像してみる:出口調査では殆どの有権者がIRに懸念を抱き、賛成より反対意見が2倍という状況ながらふたを開けてみればIR推進派の林文子市長が再選を果たす。
Hayashi

横浜市長選、候補が増え予測不可能に

IR賛成の現職とIR反対の対抗馬との一騎打ちという横浜市長選のシナリオはこの数週間で大きく変わった。現時点では6人の候補者が出馬表明しており、現職の林文子市長は再選に対する態度を示していない。

横浜がいない日本のIRレースを考えてみる

現時点では横浜市が日本のIRレースが脱落したわけではないが、ここ一週間の出来事を考慮すると現実的な結果になっている。そのため、横浜が撤退したシナリオを考えてみるとする。

IR事業者が投資家と話す時

日本IRの動向を深く追っていれば、大手IR事業者が投資家と話す内容と日本のメディアと話す内容の違いに気付くであろう。
japan-wakayama

日本IRのコンソーシアム形成が明らかに

5年以上の年月を経て、日本のIRを狙うコンソーシアムの形が少しずつ明らかになってきた。
Sega-Sammy-Yokohama-Concept

日本IR規制の最大の欠陥

日本のIR政策の訃報を書くのはまだ早いかもしれないが、日本のIR規制における最大の欠陥と言われるているIRライセンスの短さが今週再び話題となった。
Japan-diet

日本のIR政策が崩壊寸前

日本のIR政策状況は現在危機的な状況に陥ており、このまま完全に崩壊するか、少なくとも長い間の停止期間をを余儀なくされる可能性が出てきた。

サンシティ撤退で和歌山のIR誘致が窮地に追い込まれる

サンシティ・グループ(Suncity Group)がIR事業者公募から撤退を表明し、和歌山県のIR誘致が突如窮地に追い込まれた。
BBQ-Oasis-pachinko

新たなビジネスモデルを必要とするパチンコ業界

遊技業界は新型コロナウイルスの到来以前にも、今までのビジネスモデルで生き残ることは難しいことが明らかであった。そして最近の情勢によりこの流れは加速している。

アクセスランキング