HEADLINES

日本IR、投資アナリストは悲観的

マニラで開催されているASEANゲーミング・サミットで20日、投資アナリストのパネル登壇者は日本IRにおける規制おおび高額な運営費と初期投資の影響が議論された。同アナリスト達はIR事業者よりは悲観的であり、市場のポテンシャル、株主のリターン、そしてゲーミングによる総粗利益などは予想を下回ると述べた。

大阪湾、土地価格が上昇

ここ30年大阪湾の地価が下がる一方だったが、夢洲の開発が視野に入ってきて地価がようやく上昇し始めた。

ジョー・トーリ、野球とギャンブルの関係に懸念

メジャーリーグベースボールの競技運営最高責任者を務めるジョー・トーリ氏(Joe Torre)は、水曜日の記者にてスポーツと合法ギャンブルとの急速に拡大している関係について「秘密ではないと思うが、懸念がある」とAGB Nipponに慎重な意見を述べた。

11知事選がスタート

木曜日に47道府県の中の11道府県の知事選が告示され、中にはIR開発が候補者たちの討論の的となっている選挙もある。

セガサミークリエイション、スロット・ラインアップを拡張する

セガサミークリエイション株式会社は、今年の1月にリリースを果たしたスロットゲーム筐体「Genesis Slant(ジェネシス・スラント)」に続き、2筐体目となる「Genesis Star(ジェネシス・スター)」のリリースを発表した。

ジーザスとエルドラード、合併の交渉へ

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)とエルドラード・リゾーツ(Eldorado Resorts)は合併をめぐって予備交渉を開始したとロイター通信が報道した。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。