HEADLINES

MGM、「大阪ファースト方針」を発表

MGMリゾーツは、設立したばかりの中之島の事務所に経営資源を集中させる「大阪ファースト方針」を正式発表したことで、さらに自社の意図を明らかにした。

三重県の鈴木英敬知事、再選を目指す

三重県の鈴木英敬知事(44)は、3選を目指し知事選に出馬することを17日に式表明する見通しだ。鈴木氏の勝利は、桑名市のIR誘致にとって必須条件になると考えられる。

北海道IRショーケースで事業者と地域社会を繋ぐ

北海道IRショーケースが札幌市内のアクセスサッポロで先週開催され、カジノ事業者7社および日本の企業や団体などが多数が参加した北海道での初のIR展示会となった。

ラッシュ・ストリート、苫小牧IRアンケートを実地

ラッシュ・ストリート・ジャパンは、人々が苫小牧IRでどのような施設があれば魅力的か声を寄せるために「My Tomakomai」というオンライン・アンケートを実施している。オンライン・アンケートは英語でも日本語でも受けることが出来る。

岡田和生、タイガーリゾートの上場阻止を要請

岡田和生氏は、フィリピン証券取引所(Philippine Stock Exchange)に対して、オカダマニラを所有し運営するタイガーリゾート・アジア(Tiger Resort Asia)の裏口上場計画を阻止するよう求めた。

タイガーリゾート、12月にゲーミング収益13%減

ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラを運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントのゲーミング収益が前月比の13%減となった結果をジャスダック証券取引所に報告した。

アクセスランキング

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


EY 和歌山RFIコンサルティング契約獲得

和歌山県は木曜日にIR事業者とRFIプロセスを行うべくEY新日本有限責任監査法人を選定したと発表した。

ブルームベリー・リゾーツ、和歌山IR入札を視野に

ソレア・リゾート・マニラ(Solaire Resort Manila)のオペレーターでもある、フィリピンに本社を置くブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、日本でのIRライセンス取得、特に和歌山マリーナシティでの運営を視野に入れ動き出した。

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。
Wakayama Seminar

HOGOとAGB、和歌山商工会議所後援でIRセミナー開催

HOGOとAsia Gaming Briefが和歌山商工会議所の後援のもと、合同で統合型リゾート(IR)ビジネス構築セミナー の開催することを発表した。

ASEANゲーミング・サミット2019

3回目となるASEANゲーミング・サミットにはカジノ事業者、サプライヤー、規制当局のメンバーなど、カジノとオンラインゲーミング業界から300人以上のエグゼクティブが集まります。