木曜日, 10月 29, 2020

HEADLINES

ラスベガス・サンズのアジア中心ビジョンと日本への影響

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)が今週、本拠とするラスベガスから撤退しアジア中心の事業体に移行する可能性を検討している事実を認めたことで、ゲーミング業界全体に衝撃が走った。

日本のIR規制は失敗の設計図

カジノやIRを持つ国は業界を管理するために独自の規制を策定しているが、日本は当初から多くの要素を寄せ集めて混ぜ合わせたがため、現状の不運を自ら招いた設計になったのではないか。

日本の自治体はグローバル観点が必要

日本政府のIR開発スケジュールが9か月ほど延期されたことに対して、IRに手を上げている自治体の反応と態度は明確に分かれた。

500ドットコムは無実を主張

500ドットコムの贈収賄事件が公になってから10か月が経つが、最も罪が重い人物たちから不正を自白していなければ、罪を償う決定も未だ下されていない。
Osaka Expo 2025

菅首相と大阪のIR

菅義偉首相の誕生は横浜のIRにとっては複雑な状況を生み出したのであれば、大阪にとっては対照的に有益ともいえる。安倍晋三前首相が辞任するのであれば、大阪としては菅氏の首相選出は願ってもない出来事である。

菅首相と横浜のIR関係性

日本のIR法が成立してから初めて、新首相が就任した。IR賛成派にとって、IR実施法の立法に重要な役割を果たした菅義偉氏の選出はまさに朗報であるが、菅首相の登場は横浜にとってどのように影響するのか。

アクセスランキング

禁煙パチンコ店 普及

多くのパチンコ店が禁煙政策を採用し始めている。ほとんどの場合これは店内を喫煙席と禁煙席に分けることを指すが、一部の店は完全禁煙となっている。

議員が抱くIR参加へのパチンコ業界適合性の疑問

立憲民主党の高井崇志衆議院議員はパチンコ業界のIRカジノへの参加希望を道徳的に不適切だと示唆し、それを一斉攻撃する旨を一連の問題点と共に5月9日に政府に提出した。

ギャラクシーIR入札に高級ソフトウェア追加

ソシエテ・デ・バン・ド・メール(SBM)のマネージング・ディレクターも務めるジャンルイ・マシュレル氏はギャラクシー・エンターテインメントがなぜ選ばれたか理由を説明すると、アジアのパートナーとしては彼らが「最適」であるから、と述べた。

サンシティ 、ベトナムのIR株購入を先延ばし

マカオの大手ジャンケット事業者であるサンシティー・グループ(Suncity Group)はベトナムでのカジノ建設における34%の株購入を7月31日までまたも先延ばしした。

日本弁護士連合会 カジノ解禁が日本の法的秩序を乱すと指摘

日本弁護士連合会はカジノギャンブルの解禁に改めて反対し、新たな法が国家の法的秩序の基盤を脅かす可能性があるものだと説明。