インペリアル・パシフィック、名誉棄損でブルームバーグを告訴

マリアナズ・バラエティ(Marianas Variety)の報道によると、ブルームバーグとその2人のレポーターがインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)によって香港の裁判所で訴追されたという。

SJM取締役会の権力争いでパンジー・ホーが動く

先週水曜日、フォク・ファウンデーション(Fok Foundation)、スタンレー・ホー氏(Stanley Ho)が所有するシュン・タク・ホールディングス(Shun Tak Holdings)、そしてパンジー・ホー氏(Pansy Ho)が所有する3つの企業との間で提携を結んだ。

ギャラクシー、ボラカイ島に「うってつけ」のプロジェクトを語る

ギャラクシー・エンターテインメントはサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙(South China Morning Post)の取材に応え、計画されている統合型リゾート(IR)のプロジェクトは新たに生まれ変わったボラカイ島にとり「うってつけである」と語っている。

日経、札幌市でIRセミナーを開催

日本経済新聞は5日、北海道札幌市で第2回IRセミナーを開催した。367名が出席。

千葉市がIRに関する情報募集開始へ

千葉市が23日、幕張メッセ周辺にIR招致を視野に入れた情報募集(RFI)を開始した。

セガサミーの里見治紀 IRへの意欲を語る

セガサミーホールディングスの社長兼最高執行責任者、そして創業者の里見治氏の息子である里見治紀氏は5月4日にCNBCでインタビューを行い、IRへの意欲を語った。

マツイ、新規ゲーミング・チップを発表

東京を拠点とするマツイ・ゲーミング・マシンは今月に控えているG2E Asiaにてゲーミング・チップ製品ラインの最新製品となる長円形プレミア・ディーキャル・チップを含む新規シリーズを披露することが分かった。

コナミ・ゲーミング、グレグ・コレッラ氏が製品管理担当副社長就任

コナミ・ゲーミングは製品管理担当副社長に業界ベテランのグレッグ・コレッラ氏(Greg Colella)を任命した。

メルコ役員、慶応義塾大学で研修を受ける

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は慶応義塾大学と連携し、20人を超える役人に日本の歴史、文化、商慣行について研修セミナーを実施した。セミナーは9月14日に東京で行われた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。