インペリアル・パシフィック

    香港のインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)はファースト・ナチュラル・フーズ社(First Natural Foods)として始まり、2013年からゲーミング産業に参入し、現在の社名に変更した。子会社のベスト・サンシャイン(Best Sunshine)は北マリアナ諸島でカジノ、ホテルやレストランを開発し経営している。2014年にはサイパン島におけるカジノ運営権を取得し、インペリアル・パシフィック・リゾート(Imperial Pacific Resort)という名の施設の建設を始めた。

    People

    Brown, Mark

    姓: Brown(ブラウン) 名: Mark(マーク) 職種: 会長 紹介: ブラウン氏は40年以上もゲーミング産業における経験者。ドナルド・トランプ氏の下で勤務し、トランプ・エンターテインメント・リゾーツのプレジデント兼最高経営責任者となった。その後はサンズ、ウィン、ナガワールドなどを経て、2014年にはインペリアル・パシフィックの会長に就任。一度は2017年に引退するが、2018年11月に多くの困難を乗り越えるために再就任した。

    Related Articles

    サイパン、ジャンケット増加を検討

    北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission, CCC)は本日、4つの新規ジャンケット申請とインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)会長の契約延長を話し合うことになった。

    インペリアル・パシフィック、滞納をめぐり4000万円の罰金

    北マリアナ諸島の現地メディアによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は年間更新料の滞納をめぐり、37万5000米ドル(約4000万円)の罰金が課された。

    インペリアル・パシフィック、更新料を払うものの困難が続く

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission)に支払わなければならない年間更新料の残り1050万米ドル(約11億円)が確認されているが、インペリアル・パシフィックは2019年前半における損失を報告した。

    インペリアル・パシフィック、カジノライセンス更新料トラブル

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2019年8月12日を期日とする1500万米ドル(約16億円)の年間更新料3分の1しか支払っていないことをめぐり、サイパン政府との間にトラブルが発生した。

    インペリアル・パシフィック、サイパン島のリゾーツ開発業者株式を50%買収

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)はサイパン島で2ヵ所の土地を開発しているアメリカン・シノパン(American Sinopan)の株式を50%買収する売買契約に合意したことを発表した。

    サイパン島、純収益10%のゲーミング税法案提出

    サイパン島のティナ・サブラン議員(Tina Sablan)がゲーミング純収益に10%課税する新たなゲーミング税の法案を提出した。

    インペリアル・パシフィック、オンライン・ゲーミングへ興味

    サイパン島で統合型リゾートを建設しているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、北マリアナ諸島がオンライン・ゲーミングを合法化させる法案を通せば、オンライン・ゲーミング運営に興味を持っている。

    日本のGCM、インペリアル・パシフィックに550億円の投資に合意

    株式会社GCMは、サイパン島に建設されるインペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)IRに5億米ドル(約550億円)を投資することに合意したと同社が発表した。

    インペリアル・パシフィック、9月に部分的にオープン

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は火曜日、カジノリゾートを9月30日までに「部分的に」オープンすることを発表した。

    インペリアル・パシフィック、2018年の損失へ

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2018年通期の損失を報告し、主な要因として収益の落ち込み、売上債権の減損損失の増加、支出の増加などを挙げた。

    インペリアル・パシフィック、2018年は減益と負債により損失を記録

    サイパン島でカジノを運営するインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、収益の減少および売上負債の増加により、2018年は損失が見込まれている。

    インペリアル・パシフィック・リゾートが全日本ポーカー選手権を主催

    サイパン島のインペリアル・パシフィック・リゾートは、2019年2月13日から17日にかけて開催される全日本ポーカー選手権 (All Japan Poker Championship = AJPC) のアジアンツアーサーキットに加わったこと明らかになった。

    インペリアル・パシフィック、2日間の閉鎖からカジノ営業を再開

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の企業告知によると、2日間閉鎖していたサイパン島のカジノを18日に営業再開させた。

    インペリアル・パシフィック、一時的にカジノを閉鎖

    インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、スーパータイフーン・イートゥ(Super Typhoon Yutu = 台風26号)による観光低迷および損害を理由に、サイパンのカジノ運営を「今後通知があるまで」一時的に閉鎖する予定でいる。

    インペリアル・パシフィックの会長、1年満たず退任

    日本で自社ブランドの宣伝を推し進めてきたインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)では、ハリー・チャン氏(Harry Cheang)が同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を就任後、一年にも満たず退任することになり、さらなる試練に直面することになった。

    インペリアル・パシフィック、ゲーミング施設の竣工期限が3年間延長

    インペリアル・パシフィック・インターナショナルは(Imperial Pacific International)の提出書類によると、サイパン島での同社ゲーミング施設の竣工期限が2021年2月28日まで延長された。

    インペリアル・パシフィック竣工期限を2020年

    北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の開発計画諮問委員会(DPAC)は、サイパン島でホテル・カジノの建設計画を進めているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の竣工期限を2020年12月に延期するように勧告したと、地元メディアが伝えている。

    インペリアル・パシフィック、給与の支払い遅延の問題に見舞われる

    日本からの旅行者をサイパンの統合型リゾート(IR)へ取り込もうと試みているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、従業員への8月分給与の支払いを目的とした送金が滞っていることを明らかにした。

    中国による北マリアナ諸島への投資、米国へは脅威か

    中国の北マリアナ諸島への関心が高まることで、自国の「戦略的アセット」として同島を捉えている米国の治安当局にとって懸念となっている。

    インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

    ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。

    インペリアル・パシフィック、名誉棄損でブルームバーグを告訴

    マリアナズ・バラエティ(Marianas Variety)の報道によると、ブルームバーグとその2人のレポーターがインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)によって香港の裁判所で訴追されたという。

    インペリアル・パシフィック、米国人労働力が不足

    現地報道は、サイパン島のインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)が、カジノライセンスの条件を満たすために、同社の米国人労働者の割合を現時点の44%から65%に引き上げる必要があると報じた。

    インペリアル・パシフィック 日本でのブランド認知度向上を目指す

    サイパン島のインペリアル・パシフィックの副社長で運営改善担当であるルー・ツァイ氏(Lu Tsai)は木曜日に開催されたジャパン・ゲーミング・コングレスにて日本市場におけるブランド認知度向上を目的とした取り組みについてAGB Nipponと話し合った。
    シェア