ホーム オーストラリア

オーストラリア

メルコリゾーツ、クラウン株式20%買収に1300億円

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は30日、クラウン・リゾーツ(Crown Resorts)の株式約20%を17億5000万豪ドル(約1310億円)で買収することで合意した。

ウィン・リゾーツ、オーストラリアのクラウン買収を取り下げ

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、オーストラリアのクラウン・リゾーツ(Crown Resorts)買収を取り下げた。買収の可能性が確認されてから、オーストリア証券取引所ではクラウン・リゾーツの株価がたった一日で20%上昇もした。

ウィン・リゾーツ、オーストラリアのクラウン買収を検討

ウィン・リゾーツは、オーストラリアのIR事業者であるクラウン・リゾーツ(Crown Resorts)を、現金および株式合わせて71億ドル(約7900億円)での買収に向けて大きく動いている。

ハードロック、ゴールドコーストへの関心を示す

ハードロック・インターナショナル(Hard Rock International)は、オーストラリアのゴールドコーストにおけるカジノライセンス入札への関心をはっきりと示した。現地メディアによると、ライセンス競争におおよそ12社のオペレーターが参加しているという。

オーストラリア、ゲーム内ガチャとギャンブル依存症の関連性調査結果

オーストラリア上院議会による「ルートボックス」(Loot Box = モバイルやオンラインゲームの「ガチャ」)に関する調査の結果、人気のあるガチャというゲームの特性はギャンブル依存症の間に関連性があることが明らかとなった。

オーストラジアン・ゲーミング・エキスポ2018、入場者数記録達成

オーストラリア・ニューサウスウェールズで開催された今年の第29回オーストラジアン・ゲーミング・エキスポ(Australasian Gaming Expo = AGE)では、過去最多の8638人の入場者を記録し、2017年の同展示会に比べて7%の増加となった。

アジア圏観光客獲得に向けた、オーストラリアIRの努力

オーストラリアのIRは、アジア周辺の競争が激化する中、拡大を続ける中国のアウトバウンド市場のシェア占有率を高めるために、施設を改善するなどアップグレードに励んでいる。

ハードロック、クイーンズランド州のIRを注視

ゴールドコースト紙(Gold Coast Bulletin)によると、日本でのライセンス取得を目指す米国のカジノオペレーターのハードロック・インターナショナル(Hard Rock International)は、ゴールドコースト第2のカジノライセンス取得の競争の有力候補として挙がっているという。

クラウン・リゾーツの不正疑惑が取り下げに

オーストラリアの大手カジノ運営社クラウン・リゾーツ(Crown Resorts)に対して、違法行為の申し立てが行われていたが、密告者が匿名であることを希望していたため、取り下げられることとなった。

豪州でのモバイル・ギャンブルが上昇、全体のベット数は減少

調査会社ロイ・モーガン社(Roy Morgan)の報告によると、オーストラリアはモバイル機器を利用したギャンブルが増えているが、6年前と比較して全体のベット数は少なくなっているという。

アクセスランキング

近畿日本鉄道、夢洲と奈良の直通を検討

夢洲駅に鉄道路線を結ぶことを検討している4番目の鉄道会社として現れた近畿日本鉄道は、IR開発が期待される夢洲と主要な観光名所の奈良を直通運転で結ぶ提案を週末に披露した。

マドックス、「日本でいい位置づけにある」

ウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)の社長 社長兼最高経営責任者であるマット・マドックス氏(Matt Maddox)は、彼自身が率いる国内チームが日本でのIRライセンス取得に関して「積極的に活動している」そして「いい位置づけにある」と1月30日に行われた決算説明カンファレンス・コー ルで語った。

和歌山セミナーがビジネス・コミュニティを呼び集める

2月19日の午後に開催された和歌山IRビジネス構築セミナーは、地元企業コミュニティや国内外のメディアから幅広い関心を集め成功を収めた。

インペリアル・パシフィック、2018年の損失へ

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2018年通期の損失を報告し、主な要因として収益の落ち込み、売上債権の減損損失の増加、支出の増加などを挙げた。

ゲンティン、複数のIR入札を計画

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)の会長兼最高経営責任者のリム・コック・タイ氏(Lim Kok Thay)は、株主総会では日本におけるIR戦略を明らかにした。その内容には東京・大阪付近の大都市市場を見据えた複数の入札が含まれている。