ホーム ベトナム

ベトナム

ベトナム初の国民入場可能カジノが開業

先週土曜日、ベトナム南部のフーコック島(Phu Quoc)に初めてベトナム人が入場出来るカジノが開業した。コロナ・カジノ(Corona Casino)は2017年5月に独占的経営権を結んだオランダのアップフィニティ・ゲーミング・マネジメント社(Uppfinity Gaming Management)が管理している。

サンシティ、ベトナムとカンボジアのゲーミングビジネスは合法

ベトナムとカンボジアのIRプロジェクトへの進出を発表した大手ジャンケット事業者であるサンシティー・グループ(Suncity Group)は、香港の法律に基づき、これらの国での活動が合法であることを株主に保証している。

ベトナムとカンボジアで中国資本に対するデモ

中国からの資本流入に対する反発を背景に、ベトナムとカンボジアの両国で大規模デモが勃発している。しかし、両国のゲーミング市場はその影響を受けることはなく、市場はプラスの見通しとされている。

ベトナム、認定スポーツベットを許可する法案を可決

ベトナム国内のマスコミ報道によると、ベトナム政府は、政府認可のスポーツイベントでのギャンブルを許可する旨の新しい法律を可決した。

サンシティー 、ベトナムのIR株購入を先延ばし

マカオの大手ジャンケット事業者であるサンシティー・グループ(Suncity Group)はベトナムでのカジノ建設における34%の株購入を7月31日までまたも先延ばしした。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

ベトナム、カジノ税制優遇措置の廃止を議論

ベトナム政府は、国の経済特区でカジノやその他のゲーミングベンチャーに与えられている税制優遇措置を廃止する提案を検討中だと、地元メディアが報じた

サンシティー:日本コンソーシアムを形成、ベトナム事業も視野に

マカオの大手ジャンケット事業者であるサンシティー・グループ(Suncity Group)は、ライセンス取得を検討するために日本コンソーシアムを結成したと、エグゼクティブディレクターであるアンドリュー・ホー氏(Andrew Ho)がインタビューで語った。

スティーブ・ウォルステンホルム氏、ベトナムIRに加わる

オカダマニラの社長兼マネージングディレクター、スティーブ・ウォルステンホルム氏(Steve Wolstenholme)は、ベトナムのホイアン・サウス(Hoi An South)のプロジェクトの最高執行責任者に任命された。

アクセスランキング

国税庁、ギャンブル所得の申告を呼び掛ける

国税庁は、所得税の確定申告の始まりに合わせて、ギャンブルによる利益の適正な申告を呼び掛けている。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

佐世保商工会議所、6月にビジネス構築セミナー開催へ

和歌山市で成功したイベントに続き、佐世保市でも「ビジネス構築セミナー」が6月27日に開催される。このイベントは長崎県公認であり、佐世保商工会議所が主催する。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。