ホーム 日本

日本

福岡県のアパートで違法ネット・ギャンブル

福岡県警は先週、博多区のアパートで違法ネット・ギャンブル組織の運営に関与した疑いで無職の男性を逮捕した。

吉村と松井、大阪で強い立場へ

吉村洋文氏、松井一郎氏と大阪維新の会による選挙勝利は見事だったが、完勝とは言えない。しかし、IR開発の問題においては立場が強い。

ハウステンボスがIRオペレーターに土地30ヘクタールを売却

長崎県、佐世保市とハウステンボス社の3者がIRの具体的な関する合意を結んだことにより、長崎のIRライセンス入札が大きな一歩を踏み出した。

静岡市、IR招致の可能性が消える

静岡市の日本平にIRが誘致される可能性が提案されてからわずかの6週間で泡と消えた。IR誘致を推していた天野進吾氏は、7日の市長選で落選。

IR推進100社会、関西の魅力を前面アピール

大阪の夢洲IR招致計画は、大手企業に限らず、中小企業により構成される「IR推進100社会」の後押しも得ている。

ギャンブル依存症、文部科学省が高校教員に指導参考資料を提供

文部科学省は先週、高等学校教員のギャンブル依存症に対する理解度と知識を促進するため、指導参考資料を公表した。

大阪クロス選、維新が政権の座を守る

大阪府知事選・市長選で、吉村洋文前市長が新府知事、松井一郎前府知事が新市長として「ダブル当選」を果たした。

北海道知事選、反カジノ候補者が落選

北海道知事選で保守陣営の鈴木直道氏が野党推薦の石川知裕氏を破り、苫小牧市IR招致の可能性が残った。

ビデオ特集:和歌山IRビジネス構築セミナー

AGBの理念には、「独立性のある見解、ニュース及びネットワーキング」を掲げており、日本におけるIR業界の発展には不可欠な理念といえる。今後もAGBは偏りのない観点から事実を捉え、独立性を保ったニュースメディアとしてあり続ける。

スーパー任天堂ワールド、IRとの繋がりがより明白に

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)が運営するリゾーツ・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)の施設拡張にスーパー任天堂ワールドの建設が含まれることが発表されたことにより、同テーマパークが期待の夢洲IRと間接的な繋がりを持つ可能性に焦点が当てられた。

アクセスランキング

大阪知事 立法の遅延に不満

水曜日に行われた記者会見にて大阪知事の松井一郎氏は他の野党の立法業務の遅延に対しての不満をあらわにし、現在の国会でIR実施法案が可決される可能性は低いと述べた。 

韓国のカンウォンランド、2018年Q1の利益が30%減少

韓国で唯一韓国籍者が入場できるカジノのカンウォンランドは、今年の第一四半期の利益が30%減少したことを発表した。

泉佐野 大阪の初期IR候補

今月の上旬に大阪地方公務員から成る少数代表団がジャパン・ゲーミング・コングレスに出席したが、すでによく知られている夢州でのIR構築計画関連の参加ではなく、むしろライバル候補である大阪府泉佐野市を代表するためものとされる。

和歌山での初RFIブリーフィング49社が参加


和歌山にて二度にわたって行われるIR入札のRFI工程に関する第1回目のブリーフィングには49もの企業が参加したことからビジネス界での関心が強いことが見てとれた。

メルコのホー氏、来年にはより多くのテーブルゲームが導入されることを確信

TDMニュースの報告によると、メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、より多くの新しいゲーミングテーブルが同氏の会社を対象に許可されることになると確信しているという。