ホーム 日本

日本

関西経済同友会が夢洲IR案を提言

関西経済同友会は4日、夢洲IRを地域発展成功の柱とする6項目で構成された提言を発表した。

セガサミー、パチンコ事業が2018年4~12月期業績の足を引っ張る

パチンコ事業の収益低下により大きな打撃を受けたセガサミーホールディングスは、2018年4~12月期にて前年同期比の売上高の4.0%減と営業利益の53.5%減を記録した。

北海道知事選挙:石川対鈴木

与野党で複雑な混乱期が長く続いていたが、4月の北海道知事選挙は野党側の石川知裕氏(45)と与党側の鈴木直道氏(37)の一騎打ちとなることがようやく明らかになった。

グリーンバーグ・トラウリグ、ゲーミング法セミナーを提供

1967年にマイアミ市で設立された法律事務所のグリーンバーグ・トラウリグ(Greenberg Traurig)は、東京の事務所にてゲーミング法などに関する招待制セミナーを定期的に提供している。

福岡県の違法ルーレット店を摘発

福岡県警察は先週の1日、博多区中州の違法ルーレット店「ホープ」を含む違法賭博が行われてたとする2店舗を摘発し、関係者10名が逮捕された。

夢洲開発、交通アクセスが重要な課題

大阪の夢洲はそれなりに孤立された島であり、アクセスに手間がかかってしまえば夢洲のIRが魅力的と言えなくなるでしょう。

加森久丈氏:留寿都村は日本IR産業の「ファーストムーバー」になれる

加森観光の加森久丈社長は、北海道留寿都村でのIRライセンス取得に対しての一般向けキャンペーンを強化し、同村がIRの「ファーストムーバー 」になれると主張した。

スペクトラム・ゲーミング、日本経営を再編成

世界中の合法ギャンブルの経済・取締り・規定を専門とするスペクトラム・ゲーミング・グループ(Spectrum Gaming Group)は、国内IR市場の拡大に合わせて日本経営を再編成した。

ラッシュ・ストリート、苫小牧でチャリティービンゴ大会に協賛

昨年12月、苫小牧市に事務所を開いたラッシュ・ストリート・ジャパン(Rush Street Japan)は、同市でのコミュニティー活動を拡大し、北海道IR入札のパートナー事業者の座を目指している。

政府、IR管理計画を公開

安倍政権の特定複合観光施設区域整備推進本部事務局は、2月1日にIR管理に関する具体的な条文を公開した。2月1日から3月4日まで国民の意見募集を公表し、3月末に閣議決定により施行される見通しである。

アクセスランキング

大阪知事 立法の遅延に不満

水曜日に行われた記者会見にて大阪知事の松井一郎氏は他の野党の立法業務の遅延に対しての不満をあらわにし、現在の国会でIR実施法案が可決される可能性は低いと述べた。 

韓国のカンウォンランド、2018年Q1の利益が30%減少

韓国で唯一韓国籍者が入場できるカジノのカンウォンランドは、今年の第一四半期の利益が30%減少したことを発表した。

泉佐野 大阪の初期IR候補

今月の上旬に大阪地方公務員から成る少数代表団がジャパン・ゲーミング・コングレスに出席したが、すでによく知られている夢州でのIR構築計画関連の参加ではなく、むしろライバル候補である大阪府泉佐野市を代表するためものとされる。

和歌山での初RFIブリーフィング49社が参加


和歌山にて二度にわたって行われるIR入札のRFI工程に関する第1回目のブリーフィングには49もの企業が参加したことからビジネス界での関心が強いことが見てとれた。

メルコのホー氏、来年にはより多くのテーブルゲームが導入されることを確信

TDMニュースの報告によると、メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、より多くの新しいゲーミングテーブルが同氏の会社を対象に許可されることになると確信しているという。