ホーム 日本

日本

横浜、山下ふ頭のコンセプト募集を発足

横浜市は、山下ふ頭におけるIR開発の民間事業者からのコンセプト提案募集(RFC)を発足した。

モヒガン、苫小牧市に事務所を開設

地方IR開発の目指してるモヒガン・ゲーミング&エンターテインメント(Mohegan Gaming & Entertainment)は、北海道の苫小牧市に事務所を開設したことを発表した。

ウィン・リゾーツ、大阪IR誘致を見送り

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、大阪のIR誘致競争から密に身を引き、関東におけるIRライセンスの取得に注力することが確認した。

IR賛成派、北海道で集結

苫小牧市におけるIR誘致を賛成する政治・経済団体が仲間を集結させ、鈴木直道知事がIRを誘致する方針を決めるように催促している。

大阪市議会、夢洲IR環境影響評価の予算を可決

大阪市議会は9日、期待の夢洲IRの環境影評価を行うための補正予算案を可決した。環境評価の調査費用900万が割り当てられる。

横浜IR計画、リコールと住民投票に直面

山下ふ頭におけるIRを誘致する計画に反対する市民団体と政党は、横浜の林文子市長をリコールとカジノ建設を住民投票で決める活動を発足している。

MGM、3年連続で大阪フェスのスポンサーへ

MGMリゾーツは、2019年10月12日・13日に大阪で開催される「道頓堀リバーフェスティバル2019」のスポンサーに主任された。今回はメインイベントの一つであるよさこい大会に焦点を当てているようだ。

鎌倉市議会、「IR誘致を憂慮」を否決

鎌倉市議会は4日、近隣自治体がIR誘致を憂慮する決議案を否決した。関東地方でIR建設が認定されないことを望む決議案は、神奈川県内の横浜IR誘致が主な懸念になっているようだ。

北海道知事、年内にIR誘致判断

これまでに苫小牧市におけるIR誘致に関してゆっくり見極めるスタンスを取ってきた鈴木直道知事は、IR誘致をするかしないか年内に判断することを初めてはっきりと伝えた。鈴木知事が2020年前半に判断を先送りと予想されていた。

福岡市長がIRイニシアティブを論破、佐世保がコンセプト募集を開始

福岡の高島宗一郎市長は、早くも福岡青年会議所の市内におけるIR誘致提案に答え、明白に「現時点ではない」と拒否した。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。