澤田秀雄

    Company: 佐世保市

    姓: 澤田(さわだ)

    名: 秀雄(ひでお)

    組織: ハウステンボス

    職種: 代表権のない会長

    IRへの意見: 賛成派

    紹介: 澤田氏は、旅行事業の起業家として1980年代からその頭角を表し、国内最大級の旅行会社のひとつであるH.I.S.を設立した。 同氏はまた、2010年4月に経営不振にあえいでいたハウステンボス(長崎県佐世保市)の社長に就任した。ハウステンボスは同氏就任後半年以内に赤字企業から黒字企業へ変貌を遂げた。2019年にハウステンボスの社長を退任し、代表権のない会長に就任した。

    Related Articles

    ハウステンボス社、澤田社長が退任

    ハウステンボス社は26日、エイチ・アイ・エス(HIS)の会長兼社長の澤田秀雄社長が退任すると発表した。この人事は佐世保市のIR招致に関連しているとみられる。

    ハウステンボスがIRオペレーターに土地30ヘクタールを売却

    長崎県、佐世保市とハウステンボス社の3者がIRの具体的な関する合意を結んだことにより、長崎のIRライセンス入札が大きな一歩を踏み出した。
    IR入札

    IR入札が出来る自治体は少ない

    2018年は終わりを迎えようとしているが、IR入札の準備をしっかり進んでいると思える自治体は著しく少なく、地元政治家や企業から支持者を揃えてるのは大阪府と和歌山市だけである。

    澤田秀雄氏、長崎IR計画のウィークリンクなのか

    統合型リゾート(IR)の開発に繋がると期待される長崎県のIR入札の主要支持者が熱意を失いつつある模様。その支持者とは、ハウステンボスの社長である澤田秀雄氏のことだ。

    ハウステンボス、中国企業と連携

    佐世保市にあるハウステンボス(HTB)の社長である澤田秀雄氏は、テーマパークが中国の復星集団(フォースン・グループ)の出資を受け入れると発表した。3つのうちのIRライセンス取得に選定されたら、長崎でのIRコンソーシアムが具体化する可能性が生まれる。
    シェア