Bowie, Grant

    Company: MGMリゾーツ

    姓: Bowie(ボウイ)

    名: Grant(グラント)

    職種: MGMチャイナの最高経営責任者兼エグゼクティブ・ディレクター

    紹介: ニュージーランドで教育を受けたボウイ氏は長いゲーミング産業のキャリアを過ごしてきた。オーストラリアのパークプレース・エンターテインメント(Park Place Entertainment)では16年に渡り、ゲーミング、総合財務、ホテル運営の部門で上級役職を歴任した。2008年にはMGMに入社し、2010年からはMGMチャイナ(MGM China)の最高経営責任者兼エグゼクティブ・ディレクターである。

    Related Articles

    MGMチャイナ、2019年7月~9月期に22%の成長

    MGMチャイナ(MGM China)の収益成長がMGMコタイに市場初の新規ゲーミングテーブル25台を設置したことにより牽引されたが、今後は主に成長が期待されるのはマス向け市場である。

    MGMチャイナが使い捨てプラスチックを全廃

    MGMチャイナはマカオで運営するIRの全ての傘下レストランにおいて使い捨てプラスティック製容器を全廃した。

    MGMチャイナ、2019年から使い捨てプラスチックの使用を中止する

    MGMチャイナホールディングス(MGM China Holdings)は、来年の第1四半期から同社のマカオの全レストランで、ストローやコンテナなどの使い捨てプラスチックの使用を中止し、より環境にやさしい代替品に置き換えられると発表した。

    MGMとギャラクシー、社会責任の分野で表彰

    日本でのIRライセンス取得を競うMGMリゾーツ(MGM Resorts)とギャラクシー・エンターテイメント(Galaxy Entertainment)は、香港のミラーポスト(Mirror Post)開催のイベントの企業の社会責任(Corporate Social Responsibility = CSR)プログラムの賞を受賞した。

    カジノ入場規制に対する顔認識技術の導入は100%正確ではない

    労働時間外のカジノ労働者を特定するための顔認証技術の導入は、100%正確とは言い切れない。

    カジノ従業員の立ち入り禁止実施、プライバシーが重要視される

    日本では現地人に対するカジノ入場規制が話題になっているが、マカオではカジノ従業員に対する規制が話題になっている。
    シェア