Tanasijevich, George

    Company: ラスベガス・サンズ

    姓: Tanasijevich(タナシェビッチ)

    名: George(ジョージ)

    職種: ラスベガス・サンズのグローバル開発責任者、 マリーナベイ・サンズ社長兼最高経営責任者

    紹介: タナシェビッチ氏は2011年より、マリーナベイ・サンズの社長兼CEOおよびラスベガス・サンズのグローバル開発担当マネージングディレクターを務めている。以前には、キャピタランド(シンガポール)やゼネラル・グロース・プロパティ(アメリカ)での職務経験を持つ。 タナシェビッチ氏は現在シンガポールに拠点を置いているが、ラスベガス・サンズの日本市場でのライセンス取得の指揮を執っている。

    Related Articles

    ラスベガス・サンズ、大阪音楽フェスのスポンサーへ

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は大阪・舞洲で8月16日から3日間で開催されるSummer Sonic 2019にメインスポンサー協賛すると発表した。

    マカオ大学、東京でIRセミナー

    マカオ大学は6日、東京・池袋のホテルでマカオIR産業の経験を伝えるイベントを開催した。

    タナシェビッチ:サンズは横浜・東京に見込みなし

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)グローバル開発責任者のジョージ・タナシェビッチ氏(George Tanasijevich)は、サンズがMGMリゾーツ(MGM Resorts)と同様に大阪を優先する戦略をとっていると同氏が明白に示した。

    サンズ、焦点を当てるのが関東か関西か

    日本で最大級のIRを開発したいと主張するラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、大阪に焦点を当てるべきか、東京や横浜が有力な候補地として出てくるのを待つべきか迷っている模様。

    サンズのタナシェビッチ氏: 大阪企業と共同入札を計画

    ここ数ヶ月、日本での活動を控えめに行っているラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、20日にグローバル開発責任者のジョージ・タナシェビッチ氏(George Tanasijevich)が大阪で開催されたセミナーに登壇し産経新聞のインタビューに応じるなど再び注目を浴びている。

    大阪万博へ向けて進みだす夢洲開発

    2025年の万国博覧会(万博)の開催が決定し、今は平凡な大阪湾の夢洲を国際的な中心街へ発展させる野心的な展望が現実味を帯びてきた。

    IR、外国人労働者の必要性ありか


    2020年代半ば開催予定の日本IRの影響の一つとして、日本政府へのさらなる外国人労働者の駐在受け入れ強制が挙げられると産経新聞が指摘した。

    カジノオペレーターは法案成立を歓迎

    米国の大手オペレーターの2社が、金曜日のIR実施法成立直後にプレスリリースを発表した。

    サンズ、大阪万博入札の公式パートナーに


    ラスベガス・サンズは水面下にて5番目の国際IRオペレーターとなり、大阪市夢州にて開催される2025年世界博覧会の主催者となるべく幅を利かせようとしている模様。

    マーキーナイトクラブ、マリーナベイ・サンズでアジアデビュー

    ナイトクラブの有名ブランドであるマーキー(Marquee)は、ナイトライフの目的地としてリゾートを盛り上げるための新しいイニシアチブとして、シンガポールのマリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)でアジアでデビューします。
    シェア