Friday, May 7, 2021
Home スポーツベット

スポーツベット

ラッシュ・ストリート、スポーツブックを開設

ラッシュ・ストリート・ゲーミングが所有するフィラデルフィア市のシュガーハウス・カジノとピッツバーグのリバーズ・カジノは12月15日に公式にスポーツブックを開設し、10月末にペンシルバニア・ゲーム・コントロール・ボードより規制当局の承認が出た直後に競合他社より速く行動を起こした。

eスポーツ市場、飛躍的な成長を見せる

ゲーム関連出版社Gzブレインの発表によると、eスポーツの市場規模は48億円台に到達し、前年比13倍の成長を成し遂げた。

中国のeスポーツ市場、2020年までに世界のユーザーの6割を占める

中国のゲーミング複合企業であるテンセント(Tencent)の今週火曜日の報告では、中国のeスポーツ市場は2020年までに3億5000万人のユーザーと約15億ドル(約1650億円)の規模に拡大し、そのユーザー数は全世界の59%を占めると予想されている。

タブコープなど国外事業者、米国のスポーツベット市場を注視

米国政府がスポーツベットの合法化について各州に裁量権を付与しているのを背景に、業界の複数の外国有力企業が巨大な米国スポーツ産業に注視している。

豪州でのモバイル・ギャンブルが上昇、全体のベット数は減少

調査会社ロイ・モーガン社(Roy Morgan)の報告によると、オーストラリアはモバイル機器を利用したギャンブルが増えているが、6年前と比較して全体のベット数は少なくなっているという。

ベトナム、認定スポーツベットを許可する法案を可決

ベトナム国内のマスコミ報道によると、ベトナム政府は、政府認可のスポーツイベントでのギャンブルを許可する旨の新しい法律を可決した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

オーストラリアでも人気上昇、新たなeスポーツベンチャーが立ち上がる

アクイス・エンターテインメント(Aquis Entertainment)とエグゼクティブ・スポーツ・アンド・エンターテインメント(Executive Sports and Entertainment)は、キュー・イースポーツ(QeSports)という合弁会社を立ち上げ、eスポーツ市場へ参入した。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

アクセスランキング

Nagasaki

麻生泰が長崎IRの誘致を後押し

長崎のIR誘致の挑戦に今までいなかった国政界のトップの味方がついた。現時点でIR誘致を正式に手を挙げている4か所の候補地それぞれに国政の顔がついていることは偶然の産物ではなさそうだ。
Japan-castle-view

カジノ管理委員会が無から現れる

発足から15ヶ月が経った先週、日本のカジノ管理委員会(Japan Casino Regulatory Commission(JCRC))がホームページや採用案内パンフレットなどを準備し、いくつかの発表を行い遂に姿を現した。
Lim-Chang-Yong

スポーツベット合法化の議論が明るみに

日本におけるプロ野球やサッカーを対象にしたスポーツベット合法化の可能性が28日、ファイナンシャルタイムズ(Financial Times = FT)により突如報道された。今回の議論の発端は、新型コロナウイルスにより多くのスポーツチームが経営困難に陥てることが影響していると思われる。
tokyo tower view

日本IRのカジノフロア

カジノ管理委員会が2日に発表した「カジノ管理委員会関係特定複合観光施設区域整備法施行規則案」ことカジノ規則案はIR整備に感心を持つ人物により深く研究されています。多くのアナリストは今回の規則案は政府の思惑を明確化したと評価しているが、いくつか重要な問題も未解決のままである。
BBQ-Oasis-pachinko

新たなビジネスモデルを必要とするパチンコ業界

遊技業界は新型コロナウイルスの到来以前にも、今までのビジネスモデルで生き残ることは難しいことが明らかであった。そして最近の情勢によりこの流れは加速している。