Wednesday, September 22, 2021
Home スポーツベット

スポーツベット

ベトナム、認定スポーツベットを許可する法案を可決

ベトナム国内のマスコミ報道によると、ベトナム政府は、政府認可のスポーツイベントでのギャンブルを許可する旨の新しい法律を可決した。

豪州でのモバイル・ギャンブルが上昇、全体のベット数は減少

調査会社ロイ・モーガン社(Roy Morgan)の報告によると、オーストラリアはモバイル機器を利用したギャンブルが増えているが、6年前と比較して全体のベット数は少なくなっているという。

タブコープなど国外事業者、米国のスポーツベット市場を注視

米国政府がスポーツベットの合法化について各州に裁量権を付与しているのを背景に、業界の複数の外国有力企業が巨大な米国スポーツ産業に注視している。

中国のeスポーツ市場、2020年までに世界のユーザーの6割を占める

中国のゲーミング複合企業であるテンセント(Tencent)の今週火曜日の報告では、中国のeスポーツ市場は2020年までに3億5000万人のユーザーと約15億ドル(約1650億円)の規模に拡大し、そのユーザー数は全世界の59%を占めると予想されている。

eスポーツ市場、飛躍的な成長を見せる

ゲーム関連出版社Gzブレインの発表によると、eスポーツの市場規模は48億円台に到達し、前年比13倍の成長を成し遂げた。

ラッシュ・ストリート、スポーツブックを開設

ラッシュ・ストリート・ゲーミングが所有するフィラデルフィア市のシュガーハウス・カジノとピッツバーグのリバーズ・カジノは12月15日に公式にスポーツブックを開設し、10月末にペンシルバニア・ゲーム・コントロール・ボードより規制当局の承認が出た直後に競合他社より速く行動を起こした。

シーザーズ、NFLとパートナーシップへ

1月3日に、シーザーズ・エンターテインメントとナショナル・フットボール・リーグ(NFL)が多面的なパートナーシップの締結を発表した。これは、最近のMGMリゾーツとメジャーリーグベースボール(MLB)のパートナーシップと同様に、2018年5月にスポーツベットが米国最高裁判所の裁決によって合法化されたことに対するゲーミング業界の反応と言えるでしょう。

ジョー・トーリ、野球とギャンブルの関係に懸念

メジャーリーグベースボールの競技運営最高責任者を務めるジョー・トーリ氏(Joe Torre)は、水曜日の記者にてスポーツと合法ギャンブルとの急速に拡大している関係について「秘密ではないと思うが、懸念がある」とAGB Nipponに慎重な意見を述べた。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

アクセスランキング