Monday, May 17, 2021
Home ファイナンス

ファイナンス

MGMチャイナ、2019年7月~9月期に22%の成長

MGMチャイナ(MGM China)の収益成長がMGMコタイに市場初の新規ゲーミングテーブル25台を設置したことにより牽引されたが、今後は主に成長が期待されるのはマス向け市場である。

SJMホールディングス、6月~9月期予想を下回る

SJMホールディングス(SJM Holdings)の2019年6月~9月期におけるEBITDA(金利・税金・償却前利益)が予想を下回る結果となった。要因としてVIPゲーミング総粗収益(GGR)が43%急落したことが挙げられている。

オカダマニラ、利益率が改善

ユニオン・ゲーミング(Union Gaming)によると、オカダマニラのEBITDA(金利・税金・償却前利益)率が運営上の方針変更、テーブル代とノン・ゲーミング施設の改善により上昇しているようである。

オカダマニラ、ゲーミング総粗収益29.5%急成長

オカダマニラの9月におけるゲーミング総粗収益が好調なVIPとマス向け市場に牽引され、29.5%も急成長した。

ナガコープ、ゲーミング総粗収益20%成長を報告

プノンペンにあるナガワールド・リゾートを運営するナガコープは、2019年1~9月期におけるゲーミング総粗収益(GGR)が12億8000万米ドル(約1380億円)前年比20%の増加を報告し、マス向け市場がVIPセクターよりわずかに好調だったという。ナガコープは、以前に佐世保のIR誘致に関心を表明している。

日本金銭機械、ゲーミング事業、収益性が上昇

日本金銭機械(JCMグローバル)は2019年3月期における年純利益の13億円、前年比39.5%の成長を報告した。売上高が313億円となった。

オカダマニラ、VIP成長により8月収益増

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment)は、VIP事業の成長に牽引されオカダマニラの2019年8月におけるゲーミング総粗収益が大幅に上昇したことを発表した。

インペリアル・パシフィック、更新料を払うものの困難が続く

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission)に支払わなければならない年間更新料の残り1050万米ドル(約11億円)が確認されているが、インペリアル・パシフィックは2019年前半における損失を報告した。

ギャラクシー、収益横這いの4月~6月期が予想を上回る

ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の報告によると、4月~6月期における調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)が横ばい状態だったにもかかわらず、高いホールド率に牽引されアナリストの予想を上回った。

オカダマニラ、7月収益増によりホテル客室を拡張

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment)は、オカダマニラの7月における収益が47%増加したことにより同ホテルが客室を拡張すると述べた。

アクセスランキング

BBQ-Oasis-pachinko

新たなビジネスモデルを必要とするパチンコ業界

遊技業界は新型コロナウイルスの到来以前にも、今までのビジネスモデルで生き残ることは難しいことが明らかであった。そして最近の情勢によりこの流れは加速している。

サンシティ撤退で和歌山のIR誘致が窮地に追い込まれる

サンシティ・グループ(Suncity Group)がIR事業者公募から撤退を表明し、和歌山県のIR誘致が突如窮地に追い込まれた。
Lim-Chang-Yong

スポーツベット合法化の議論が明るみに

日本におけるプロ野球やサッカーを対象にしたスポーツベット合法化の可能性が28日、ファイナンシャルタイムズ(Financial Times = FT)により突如報道された。今回の議論の発端は、新型コロナウイルスにより多くのスポーツチームが経営困難に陥てることが影響していると思われる。
tokyo tower view

日本IRのカジノフロア

カジノ管理委員会が2日に発表した「カジノ管理委員会関係特定複合観光施設区域整備法施行規則案」ことカジノ規則案はIR整備に感心を持つ人物により深く研究されています。多くのアナリストは今回の規則案は政府の思惑を明確化したと評価しているが、いくつか重要な問題も未解決のままである。