Friday, May 7, 2021
Home 市場情勢

市場情勢

アジア、莫大な投資によりカジノ供給過剰に直面する

ユニオン・ゲーミング(Union Gaming)の分析者は、アジアにおける約650億米ドル(約7兆1850億円)の新規カジノ開発を刺激するのに同地域の経済的成長が不十分であると警告している。

大阪湾、土地価格が上昇

ここ30年大阪湾の地価が下がる一方だったが、夢洲の開発が視野に入ってきて地価がようやく上昇し始めた。
US-China trade war

米中貿易戦争、2019年に再開の可能性

米中貿易戦争の休戦は、中国経済に対する外的圧力を緩和する影響をもたらすが、交渉立場の各差が大きくなることに考慮すると、再び貿易緊張が高まるリスクは十分に残っているとフィッチ・レーティングズが語る。

マカオ、世界一裕福な地域へと前進

ブルームバーグ(Bloomberg)は国際通貨基金(IMF)が示したデータを引用し、マカオが2020年までにカタールを追い抜き、世界で最も富んだ地域として躍り出ようとしていると報じている。

マカオのビジネスイベント数は減少も利用者数は増加

マカオの第1四半期でのMICE関連統計によると、主催したイベントが多くないものの、大規模な展示会や会議では利用者数は31.5%上昇した。

2025年までに倍増する中国のプレミアム消費者

バーンスタイン・リサーチのアナリストは、中国のプレミアム消費者が今後7年間で2倍近く増加し、1億1700万人に達すると予測している。

アクセスランキング

BBQ-Oasis-pachinko

新たなビジネスモデルを必要とするパチンコ業界

遊技業界は新型コロナウイルスの到来以前にも、今までのビジネスモデルで生き残ることは難しいことが明らかであった。そして最近の情勢によりこの流れは加速している。
Nagasaki

麻生泰が長崎IRの誘致を後押し

長崎のIR誘致の挑戦に今までいなかった国政界のトップの味方がついた。現時点でIR誘致を正式に手を挙げている4か所の候補地それぞれに国政の顔がついていることは偶然の産物ではなさそうだ。
Japan-castle-view

カジノ管理委員会が無から現れる

発足から15ヶ月が経った先週、日本のカジノ管理委員会(Japan Casino Regulatory Commission(JCRC))がホームページや採用案内パンフレットなどを準備し、いくつかの発表を行い遂に姿を現した。
Lim-Chang-Yong

スポーツベット合法化の議論が明るみに

日本におけるプロ野球やサッカーを対象にしたスポーツベット合法化の可能性が28日、ファイナンシャルタイムズ(Financial Times = FT)により突如報道された。今回の議論の発端は、新型コロナウイルスにより多くのスポーツチームが経営困難に陥てることが影響していると思われる。
tokyo tower view

日本IRのカジノフロア

カジノ管理委員会が2日に発表した「カジノ管理委員会関係特定複合観光施設区域整備法施行規則案」ことカジノ規則案はIR整備に感心を持つ人物により深く研究されています。多くのアナリストは今回の規則案は政府の思惑を明確化したと評価しているが、いくつか重要な問題も未解決のままである。