Friday, May 7, 2021

5頭目薬物検出、岩手競馬に悪影響

岩手県競馬組合(岩手競馬)は、12月26日に禁止薬物の筋肉強化剤ボルデノンが検出された5頭目の競走馬が発生したことによって再びレースを休止せざるを得なくなり、恥をかかされることになった。

競馬ファンら、スキャンダルに見舞われた岩手競馬に駆けつける

ステロイド剤のスキャンダルや関連レースの中止は最近報告された収入利益率に示されていたように、岩手県競馬組合(岩手競馬)の忠実なファンらを追い払うようなことにはならなかった模様。 

岩手競馬、休止後レース再開

筋肉増強剤スキャンダルの真相が明らかになっていないにもかかわらず、岩手競馬は24日に2週間以上ぶりにレースを再開した。

岩手競馬、4度目のステロイド検出

月曜日の夜、岩手県競馬組合(岩手競馬)に所属する競走馬から4度目となるステロイド薬のボルデノン(筋肉増強剤)陽性反応は出たと発表されたが、当局はこの事件の原因となる謎の解明に近づきつつある模様。

3度目の筋肉増強剤検出で岩手競馬レース休止


10月28日に盛岡競馬場にて競走し勝利を収めた馬から7月から3回目のボルデノン陽性反応結果が出た後、岩手県競馬組合(岩手競馬)は無期限のレース休止を余儀なくされた。 

県政が岩手競馬の監督を行っていることもあり岩手県の達増拓也知事は「極めて残念。ファン、競馬関係者、県民の皆さまにおわび申し上げる」と述べた。

専門家チーム、岩手競馬薬物スキャンダルを調査

岩手県競馬組合 (岩手競馬)の馬2頭から筋肉増強剤のボルデノンの陽性反応が出たことで県庁官である千葉義郎氏を含む6人の専門家チームが調査を開始した。 

筋肉増強剤スキャンダル、競馬界に衝撃

一部の競走馬の薬物検査を行った際に筋肉増強剤の徴候があったため岩手県競馬組合(岩手競馬)は先週、一日分の全競走を中断。7月下旬に起きた使用禁止の筋肉増強剤初検出に続く2番目の事件であった。

門別競馬場、来週に運営再開

門別競馬場は9月6日に起きた北海道地震による被害から施設や地域等がまだ完全に回復していないにもかかわらず、9月25日から競馬を再開することを発表した。

門別競馬場、北海道地震により崩壊


地方競馬全国協会の競馬場の1つである門別競馬場は9月6日の北海道地震により大きな被害を受けており、約800頭の競走馬の健康管理が特に懸念される。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。

アクセスランキング

BBQ-Oasis-pachinko

新たなビジネスモデルを必要とするパチンコ業界

遊技業界は新型コロナウイルスの到来以前にも、今までのビジネスモデルで生き残ることは難しいことが明らかであった。そして最近の情勢によりこの流れは加速している。
Nagasaki

麻生泰が長崎IRの誘致を後押し

長崎のIR誘致の挑戦に今までいなかった国政界のトップの味方がついた。現時点でIR誘致を正式に手を挙げている4か所の候補地それぞれに国政の顔がついていることは偶然の産物ではなさそうだ。
Japan-castle-view

カジノ管理委員会が無から現れる

発足から15ヶ月が経った先週、日本のカジノ管理委員会(Japan Casino Regulatory Commission(JCRC))がホームページや採用案内パンフレットなどを準備し、いくつかの発表を行い遂に姿を現した。
Lim-Chang-Yong

スポーツベット合法化の議論が明るみに

日本におけるプロ野球やサッカーを対象にしたスポーツベット合法化の可能性が28日、ファイナンシャルタイムズ(Financial Times = FT)により突如報道された。今回の議論の発端は、新型コロナウイルスにより多くのスポーツチームが経営困難に陥てることが影響していると思われる。
tokyo tower view

日本IRのカジノフロア

カジノ管理委員会が2日に発表した「カジノ管理委員会関係特定複合観光施設区域整備法施行規則案」ことカジノ規則案はIR整備に感心を持つ人物により深く研究されています。多くのアナリストは今回の規則案は政府の思惑を明確化したと評価しているが、いくつか重要な問題も未解決のままである。