Wednesday, March 3, 2021

5頭目薬物検出、岩手競馬に悪影響

岩手県競馬組合(岩手競馬)は、12月26日に禁止薬物の筋肉強化剤ボルデノンが検出された5頭目の競走馬が発生したことによって再びレースを休止せざるを得なくなり、恥をかかされることになった。

競馬ファンら、スキャンダルに見舞われた岩手競馬に駆けつける

ステロイド剤のスキャンダルや関連レースの中止は最近報告された収入利益率に示されていたように、岩手県競馬組合(岩手競馬)の忠実なファンらを追い払うようなことにはならなかった模様。 

岩手競馬、休止後レース再開

筋肉増強剤スキャンダルの真相が明らかになっていないにもかかわらず、岩手競馬は24日に2週間以上ぶりにレースを再開した。

岩手競馬、4度目のステロイド検出

月曜日の夜、岩手県競馬組合(岩手競馬)に所属する競走馬から4度目となるステロイド薬のボルデノン(筋肉増強剤)陽性反応は出たと発表されたが、当局はこの事件の原因となる謎の解明に近づきつつある模様。

3度目の筋肉増強剤検出で岩手競馬レース休止


10月28日に盛岡競馬場にて競走し勝利を収めた馬から7月から3回目のボルデノン陽性反応結果が出た後、岩手県競馬組合(岩手競馬)は無期限のレース休止を余儀なくされた。 

県政が岩手競馬の監督を行っていることもあり岩手県の達増拓也知事は「極めて残念。ファン、競馬関係者、県民の皆さまにおわび申し上げる」と述べた。

専門家チーム、岩手競馬薬物スキャンダルを調査

岩手県競馬組合 (岩手競馬)の馬2頭から筋肉増強剤のボルデノンの陽性反応が出たことで県庁官である千葉義郎氏を含む6人の専門家チームが調査を開始した。 

筋肉増強剤スキャンダル、競馬界に衝撃

一部の競走馬の薬物検査を行った際に筋肉増強剤の徴候があったため岩手県競馬組合(岩手競馬)は先週、一日分の全競走を中断。7月下旬に起きた使用禁止の筋肉増強剤初検出に続く2番目の事件であった。

門別競馬場、来週に運営再開

門別競馬場は9月6日に起きた北海道地震による被害から施設や地域等がまだ完全に回復していないにもかかわらず、9月25日から競馬を再開することを発表した。

門別競馬場、北海道地震により崩壊


地方競馬全国協会の競馬場の1つである門別競馬場は9月6日の北海道地震により大きな被害を受けており、約800頭の競走馬の健康管理が特に懸念される。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。

アクセスランキング

長崎IRを目指す5つのコンソーシアム

長崎県は依然として日本IR競争において最高レベルの管理能力を示しており、区域認定の可能性も非常に高くなっている。

日本のオンラインギャンブルが静かに急成長

政界やメディアからの脚光を浴びることはないが、合法と違法が入り混じった形で日本は既にオンラインやモバイルのギャンブルの成長期に突入している。

公明党、IR推進の中心人物が去る

今週、IR整備とは関係ないところで新たな政治スキャンダルが起き、結果的に連立与党の公明党でカジノの合法化を表立って推進していた遠山清彦衆議院議員を失うことになった。間接的だが政府レベルでの日本IR産業の未来には打撃となるのは間違いない。