Thursday, January 21, 2021

ネットカフェを装った違法カジノ摘発

南小岩にある「ホース」という違法カジノが警視庁に摘発され、経営者の柏木大典容疑者(39)を含む8人が逮捕された。

中国人観光客を狙った東京・池袋の違法カジノ摘発

警視庁は東京・池袋で、中国人観光客や準暴力団の「チャイニーズドラゴン」のメンバーなどを多く集めていた違法カジノを摘発。

依存諸対策とカジノ入場料の見直し

今年は新型コロナウイルスがメディア報道の殆どを埋めているため、20年代後半に開業する統合型リゾート(IR)に対するギャンブル依存症などの対策が関心事としては後回しになってしまっている。

タイ、W杯期間中のギャンブル関連逮捕数が増大

ネーション紙(The Nation)によると、タイの警察は今年のFIFAワールドカップの期間中において、2014年のトーナメントの時期よりも3倍近くのギャンブル関係の犯罪者を逮捕したという。

大阪政府、夢洲の治安対策を練り始める

ここ数週間、期待が高まる夢洲IRに関する大阪府と大阪市の治安対策の概要が明らかになりつつある。

名古屋・東京で違法カジノ摘発

警察の全国主要都市における違法カジノ摘発の発表が相次ぐ中、今週だけで名古屋と東京の池袋を合わせて新たに2店が摘発され、4人が逮捕された。

フィリピン、カジノ関連雇用者は勤務時間以外のカジノ入場禁止に

フィリピンのゲーミング規制当局は、「ゲーミング雇用許可証」(Gaming Employment License = GEL)を保有する全てのゲーミング関連雇用者がフィリピンのどのゲーミング施設でもプレイすることを禁止する覚書を発表した。

政府、IR規定を2020年に先送り

政府は、カジノギャンブルの合法化に対して世間の抵抗が強いため、7月1日に予定されているカジノ管理委員会の発足とIR誘致の具体的な規定の策定を先送りする方針を固めた。

オーストラリア、オンライン・ギャンブルに顔認証を検討

オーストラリア内務省はギャンブル・ウェブサイト利用を抑制する対策として、顔認証技術で身分と年齢を確認することを提案していると現地メディアが報道した。

オンラインギャンブル禁止の裏、アデルソン氏の影響か

実質的にオンラインギャンブルの禁止に繋がりかねないアメリカ合衆国司法省の異例な政策の覆しの裏には、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長(Sheldon Adelson)の何百万ドル(数億円)の働きかけがあったと考えられる。

アクセスランキング