韓国のパラダイス、スロットマシン収益の急増と全体収益増

韓国のパラダイス社(Paradise Co.)はスロットマシン収益の急増に伴い、5月のゲーミング収益が25.2%上昇したと報告した。

大阪府知事 IR入札規定を強化

夢州地区での国際IR事業者間の白熱の争奪戦を前に大阪府知事の松井一郎氏は公務員らが競合他社と接触する際の厳格な倫理規則の要点を述べた。

野党反発する中、IR法案議論再開


野党議員らの激しい抗議が続く中、IR実施法案の審議が火曜日に参議院内閣委員会で始まった。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

IRオペレーター、苫小牧ビジネスリーダーらに売り込み

複数の国際IRオペレーターが苫小牧商工会議所のメンバーらと会い、入札についての話し合いの場を設けている模様。

和歌山県知事選、IR賛成派候補が勝利

現職の仁坂吉伸氏がカジノ反対派候補の畑中正好氏を破り、和歌山県知事としての4選を確実にしたこにより、IR入札への政治的道筋は開いた。

サンズのゴールドスティーン、大阪府知事松井と会談

ラスベガス・サンズの社長兼最高執行責任者であるロバート・ゴールドスティーン氏(Robert Goldstein)率いる上級幹部チームは、大阪での2025年の万国博覧開催が決定したことにより松井一郎知事および吉村洋文市長と会談を行った。

北海道経済連合会、IR開発を支持

3つの地方自治体がIRに関心を寄せているにもかかわらず、道全体からの政治的な支持が等しく低く、道経連からの推薦が最終的に不可欠となるかもしれない。

横浜ビジネスリーダー、IR推進協議会を設立へ

横浜商工会議所は、IR誘致を再び促進し「IR推進協議会」を今年中に設立することを発表した。

シンガポール政府、カジノ拡張の恩恵を受ける

アナリストによると、シンガポールは国内の統合型リゾート2ヵ所の67億米ドル(約7400億円)に値する拡張を許可した合意により、税金と入場料の収益が増加することでシンガポール政府が一番恩恵を受けるとされている。

アクセスランキング

九州地方知事会、佐世保市のIR招致を後押し

九州地方知事会は、長崎県佐世保市のハウステンボス区域へのIR招致を後押しすると明らかにし、北九州市の招致へ向けての動きを却下する形となった。

コナミ・ゲーミングがカジノ管理システムをニューメキシコに導入

コナミ・ゲーミングの発表によると、同社の「Synkros(シンクロス)」カジノ管理システムを米国ニューメキシコ州のサン・フェリペ・プエブロ市(San Felipe Pueblo)に位置する「ブラックメサカジノ(Black Mesa Casino)」と「ブラックメサ・トラベル・センター(Black Mesa Travel Center)」に導入した。

モヒガン、苫小牧IR計画を説明

北海道の政治的なIR賛成勢いは停滞しているようであるにもかかわらず、モヒガン・ゲーミング&エンターテインメント(Mohegan Gaming & Entertainment)は苫小牧市におけるIR誘致を続行し、6月末に日本メディアの前でIR計画を披露した。

ガナパティ、9月にマニー・パッキャオのスロットゲームを売り出す

日本とフィリピンの相互支援的な関係をハイライトする製品だと主張するガナパティ(Ganapati)は、今年の9月にマニー・パッキャオ氏(Manny Pacquiao)をテーマにしたスロットゲームを発表した。ゲームの売上は、フィリピンで子供の教育を応援するマニー・パッキャオ・ファウンデーションに寄付される。

MGM、大阪IR入札コミットメントを再確認

MGMリゾーツ(MGM Resorts)は、競争者のラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)が焦点の的を変えたことを逃さず、大阪・夢洲でのIR入札に専念していることを改めて主張した。