Wednesday, January 20, 2021

日本弁護士連合会 カジノ解禁が日本の法的秩序を乱すと指摘

日本弁護士連合会はカジノギャンブルの解禁に改めて反対し、新たな法が国家の法的秩序の基盤を脅かす可能性があるものだと説明。

シーザーズ、リゾートライセンス供与とブランド機会を提案

シーザーズ・エンターテインメントは海外で、シーザーズ・パレス(Caesars Palace)、フラミンゴ(Flamingo)、ザ・クロムウェル(The Cromwell)、ザ・リンク(The LINQ)のブランドのライセンス供与を実施する計画を発表している。

カジノオペレーターは法案成立を歓迎

米国の大手オペレーターの2社が、金曜日のIR実施法成立直後にプレスリリースを発表した。

岡田和生、香港で詐欺罪にて逮捕される

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment Corporation)の報告によると、日本のゲーミング業界の大御所、岡田和生氏およびその仲間が、香港の汚職監視機関によって逮捕された。

ユニバーサル・エンターテインメント、日本IR市場に向け行動開始

オカダマニラのオペレーター及びユニバーサル・エンターテインメントのユニットであるフィリピンに拠点を置くタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント(Tiger Resort Leisure & Entertainment)は、国内IR競争に参入する目的で東京に事務所を開設する予定。 
Kanto Region IR Consortium

セガサミー、関東地域IRコンソーシアムの「トップシェア」を目指す

11月30日に開催されたセガサミーホールディングスのマネジメントミーティングにて代表取締役社長の里見治紀氏は背が際ーが東京・横浜地域に建設されるIRコンソーシアムの「トップシェア」を目指していることを明らかにした。 

ウイン、建築設計の酷似を巡ってゲンティンを訴訟

ゲンティン・グループ(Genting Group)のリゾーツ・ワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)は、2020年にオープンとなる予定の40億米ドル(約4340億円)のラスベガス施設を巡って商標権侵害と不平競争を訴えられたと現地メディアが報道した。

竹中工務店、幹部の入れ替えで夢洲開発契約を狙う

国内5大建設会社の1つである竹中工務店は新たな幹部チームを立ち上げ、2025年の万国博覧会および夢洲IRの開発契約に狙いを定めている。

エンゼル、GPI買収の目処が12月まで

米国で上場しているゲーミング・パートナーズ・インターナショナル(GPI)の年次報告によると、同社とエンゼル・ホールディングス(Angel Holdings)との合併は12月1日までに実施される見込みである。

ゲンティン・ラスベガス、2020年オープンに向けて順調

ゲンティン(Genting)は、リゾーツ・ワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)の進捗が順調で予算内かつ予定通りに建設が完了される見込みであり、第一段階のオープンを2020年に予定していると年次報告で明らかにした。

アクセスランキング