Sunday, October 2, 2022

外国人観光客もギャンブル利益税に直面か

朝日新聞の報道によると、日本IRでカジノで賞金を得た外国人観光客らは帰国する際に所得税が課せられる可能性があるという。

MGM、エンパイア・シティの競馬場とカジノを買収

MGMリゾーツとMGMグロース・プロパティーズ(MGM Growth Properties)は、8億5000万ドル(約872億円)でエンパイア・シティ・カジノ(Empire City Casino)の競馬場とカジノを買収し、高密度のニューヨーク市場へと進出すると述べた。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

夢州IRと2025年万国博覧会の取り仕切り

いずれのイベントも確定されていないものの、大阪政府は数年後には大規模都市IRを設立し夢州島に隣接する地域にて万国博覧会も開催する予定。IRが2025年の万国博覧会より前に建てられるのか、あるいは両方が同時進行で建設されるのかが懸念される。

ユニバーサル・エンターテインメント、情報開示更新を明言

ユニバーサル・エンターテインメントはジャスダック証券取引所への声明にて投資家の投資判断を援助すべく財務状況と事業成果に関する必要な情報をより適切な方法で提供することを断言。

日経IRフォーラム、大勢を引き付ける

東京で開催された日本経済新聞のIRフォーラムには過度の申請により参加を却下されてしまった多くの参加希望者をよそに600人以上のゲストが集まった。先週の水曜日に終日行われたこの活動的なイベントには政府職員やIR運営者、また分析家等が集まった。

ベトナム初の国民入場可能カジノが開業

先週土曜日、ベトナム南部のフーコック島(Phu Quoc)に初めてベトナム人が入場出来るカジノが開業した。コロナ・カジノ(Corona Casino)は2017年5月に独占的経営権を結んだオランダのアップフィニティ・ゲーミング・マネジメント社(Uppfinity Gaming Management)が管理している。

常滑市の展示場、8月開所とeスポーツ大会を開催へ

愛知県は、常滑市の中部国際空港が位置する空港島に新らたな展示場「アイチ・スカイ・エキスポ」が8月30日に開所すると発表した。記念すべき初イベントは2日間にわたる大規模eスポーツ・トーナメントになる。

藤木氏、横浜で反カジノ協会の設立へ

横浜港運協会の会長である藤木幸夫氏は、カジノ反対の「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立することにより、横浜市へのIR誘致の阻止に注力している。

モルガン・スタンレー、マカオIR市場に前向き

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)のアナリストは、マカオのインフラ改善とそのほかの要因に牽引され2022年末までに時価総額が倍になることも予想されているため、マカオのゲーミング業界に対して前向きな評価を述べた。

アクセスランキング