Wednesday, April 17, 2024

安倍政権 スキャンダルに動揺

IR実施法案が国会で可決される可能性は高いと思われるが、スキャンダルが原因で安倍政権が崩壊する可能性もまた出てきている。

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

シーザーズ 日本IRキャンペーンを加速

シーザーズエンターテインメントの社長であるマーク・フリッソーラ氏が今週日本を訪れる中、同社の役員らは国内当局者やメディアと会談し新たな展開を発表する。シーザーズはこれらの進展により日本でのライセンス取得を求めている国際IR事業者の中では有力候補者の一つであることを証明した。

カジノ管理委員会 注目を集める

統合型リゾート施設(IR)実施法案の下で設立されるカジノ管理委員会の構造は、政府が議員らに基本案を明らかにしていることにより注目を集め始めている。

フィリピンのパラニャーケ市に新しいIR建設

ランディング・インターナショナル・デベロップメントは、フィリピンのパラニャーケ市に新しい統合型リゾートを建設する承認を同市の市議会から得たと発表した。

MGM 大阪の祭りに参加


MGM リゾーツは大都市市場でのIRを追求するべく地域社会を味方につける最新の取り組みの一環として、5月初旬の大阪の道頓堀リバーフェスティバルに参加することを発表。

フィッチ 日本IRの売上高を6500億円とする


フィッチ・レーティングスは日本におけるIR 建設の第1段階が約6550億円の収益を生み出すと予測。これは2025年までに1.6兆円に及ぶIR市場発展を予測した4月11日のモーガン・スタンレーの報告書と比べるとはるかに低い。

スティーブ・ウォルステンホルム氏、ベトナムIRに加わる

オカダマニラの社長兼マネージングディレクター、スティーブ・ウォルステンホルム氏(Steve Wolstenholme)は、ベトナムのホイアン・サウス(Hoi An South)のプロジェクトの最高執行責任者に任命された。

フィリピンのカジノ管理公社、規制機能とカジノ運営の是非

フィリピンの政府支配下企業の管理委員会(GOCC管理委員会)は、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR) の商業事業と規制機能を分離すべきであると勧告している。

マカオのゲーミング総収益、2018年は成長見込み

第1四半期の好調に続き、マカオでは2018年のゲーミングによる総収益(Gross Gaming Revenue = GGR)の成長を見込んでいるが、フィッチ・レーティングス社が木曜日に発表した報告書によると、VIPとプレミアム・マス層の減速が予想される。

アクセスランキング