金曜日, 10月 23, 2020

日本IRのセキュリティ問題 

IRの設立は新たなセキュリティ上の課題をもたらすと思われるが、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の企業セキュリティ上級副社長であるジェームズ・スターン氏(James Stern)によれば、日本はそれらの問題に対してうまく対応が出来るだろうとのこと。

ハードロック、苫小牧市に重点


ハードロック・インターナショナル(Hard Rock International)の最高経営責任者であるジム・アレン氏(James Allen)は6月28日に行われたハードロック・ホテル&カジノ・アトランティックシティのオープニングでのNNNとのインタビューの際、ハードロックのIR入札は現時点では北海道の苫小牧に集中していることを明らかにした様子。

日本カジノスクール、記者らにIR教育

日本カジノスクールはマリーナベイ・サンズの協力のもと、IR産業発展が日本に何をもたらすか理解を深めることを目的に、東京にて水曜日に約15人の記者相手にセミナーを開催。

夢州IRと2025年万国博覧会の取り仕切り

いずれのイベントも確定されていないものの、大阪政府は数年後には大規模都市IRを設立し夢州島に隣接する地域にて万国博覧会も開催する予定。IRが2025年の万国博覧会より前に建てられるのか、あるいは両方が同時進行で建設されるのかが懸念される。

北海道有識者懇談会、苫小牧市をIR主要候補に事実上認定

北海道知事の高橋はるみ氏により設立された有識者懇談会は水曜日に3回目の会合を開き、道庁の支援をめぐり競争している3市町村のうち苫小牧市が優位であることが明らかとなった。
Kanto Region IR Consortium

セガサミー、関東地域IRコンソーシアムの「トップシェア」を目指す

11月30日に開催されたセガサミーホールディングスのマネジメントミーティングにて代表取締役社長の里見治紀氏は背が際ーが東京・横浜地域に建設されるIRコンソーシアムの「トップシェア」を目指していることを明らかにした。 

静岡県牧之原市、IR誘致の可能性

メディアの目の届かないところで、人口4万4000人の沿海地方の静岡県牧之原市が近い将来にIR誘致競争に参加する兆候がみられている。

夢洲の万博跡地にF1レース招致へ

大阪市の吉村洋文市長は、2025年の世界博覧会後、夢洲にF1レースを招致する案を産経新聞のインタビューで明らかにした。世界的な知名度を誇るオートレースの招致は、夢洲に対する将来的なビジョンの一部に過ぎない。

コナミ・ゲーミングがカジノ・マネジメント・システムにAI技術を導入

コナミ・ゲーミングは、カリフォルニア州バークレー市を拠点とするゲーミング・アナリティクス.AI社(GamingAnalytics.AI)と提携し、コナミが提供するカジノ・マネジメント・システム「SYNKROS(シンクロス)」にゲーミング・アナリティクス.AI社のAI技術を導入することを決定した。

インペリアル・パシフィック、9月に部分的にオープン

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は火曜日、カジノリゾートを9月30日までに「部分的に」オープンすることを発表した。

アクセスランキング

横浜IR誘致予算、反対されるも可決

カジノ反対を訴える数百人の抗議者に横浜市役所が囲まれる中、横浜市は22日の本議会で自民党系の支持によりIR誘致の補正予算案を可決した。

カジノ課税制度、問題点のまま

現在のIR進捗状況でも、カジノやIRの課税が不明なままで争点となっている。

横浜、山下ふ頭のコンセプト募集を発足

横浜市は、山下ふ頭におけるIR開発の民間事業者からのコンセプト提案募集(RFC)を発足した。

林市長リコール運動とその侮り難さ

すべてのIR誘致候補地は何らかの形で現地民による抗議に直面しているが、最も注目すべきは林文子横浜市長に対するリコール運動である。

モルガン・スタンレー:マカオではゲーミング以外の収益が増加

モルガン・スタンレーの研究メモによると、マカオの主なカジノを経営する6社のEBITDA(金利・税金・償却前利益)成長率がゲーミング以外の収益増を背景に、ゲーミング総収益(Gross Gaming Revenue = GGR)の成長率を上回ったと述べた。