Saturday, October 23, 2021

スタンレー・ホー氏の辞任、SJMの一つの時代が幕を閉じる

ギャンブル王として有名なスタンレー・ホー氏(Stanley Ho)は、SJMホールディングスの会長を正式に辞任し、マカオのギャンブル業界における約60年のキャリアに終止符を打った。

IR支持派苫小牧市長岩倉市長は新期を迎える

IR主催を強く支持し続けている苫小牧市長の岩倉博文氏は提出期限前に他に登録を行う候補者らが現れることもなく、4年の任期を務めることとなった。

参議院、IR法案の審議を開始する

議論の的となっているIR実施法案は、参議院本会議で開かれる審議を経て、金曜日に制定に向けて最終段階に入る予定である。

メルコのスタッフ、賃金待遇の改善を要求

日本でのライセンス取得に強く力を入れているメルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、その本拠地であるマカオで、カジノ内での喫煙禁止徹底と同時に、賃金面の改善を要求するスタッフの抗議に直面している。

和歌山RFI、33社から反応あり

6月に開始された和歌山RFIプロセスは8月末に終了し、合計33社が締め切り前に計画を提出。

エンゼルプレイングカード社、カジノテーブルのGPI社を買収へ

ゲーミング・パートナーズ・インターナショナル・コーポレーション(Gaming Partners International Corporation = GPIC)は、エンゼル・ホールディングス(Angel Holdings)がGPICを現金で約1億1000万ドル(約124億8770円)で買収することを条件に合併契約を締結した。

桑名市長、IR入札の可能性を慎重に検討中

桑名市長の伊藤徳宇氏は火曜日の定例記者会見にて名古屋市長の河村たかし氏の三重県内の隣接都市である桑名市がIR入札を検討すべきだという急激な提案を否定したわけではなく、むしろ「情報収集を進めている」ことを明らかにした。

北海道知事選挙:石川対鈴木

与野党で複雑な混乱期が長く続いていたが、4月の北海道知事選挙は野党側の石川知裕氏(45)と与党側の鈴木直道氏(37)の一騎打ちとなることがようやく明らかになった。

夢洲が大阪湾の開発を牽引

大阪の民間・公共セクターは、夢洲の開発に対する意欲が2025年国際博覧会と統合型リゾートのみにとどまらず、長いこと停滞していた大阪湾の開発を再開させる起爆剤とみていることが明らかになってきた。

メルコ、日本を意識して顔認識技術を導入

メルコリゾーツ&エンターテイメント(Melco Resorts & Entertainment)の会長兼最高経営責任者のローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、メルコの責任あるゲーミング活動として顔認識技術を幅広く導入していることを明らかにした。

アクセスランキング