ホーム アジア

アジア

新型コロナウイルスでアジアのカジノ産業が大打撃

もし日本のIRが既に3カ所開業していれば、武漢で発生した新型コロナウイルスの拡散は業界にとって最悪なニュースになり、日本のゲーミング業界は、マカオやシンガポールなどのアジア市場と同じ苦難に直面していたであろう。

ギャンブラー

羊の服を着た狼のように、側から見たら経済的に輝かしい統合リゾートであるが、このままカジノが増えてしまうと、アジアはいずれ、ギャンブル依存症の「イゼベル」になりかねない。

スペクトラム・ゲーミングがアジア担当チームを拡張

ゲーミング・コンサルタントのスペクトラム・ゲーミング・グループ(Spectrum Gaming Group)は新しい役員を雇用し、アジア担当チームの拡張を発表した。

コナミ・ゲーミング、スロット機器市場シェアを拡大

コナミ・ゲーミングのスロット機器市場シェアが継続的に大きくなるにつれて、同社は2018年度における5.2%の売上増と8.2%の収益増を報告した。売上高が312億円、収益が47億円となった。

G2Eアジアのパネリスト、日本IRの周辺ゲーミング市場への影響軽視

マカオで開催されているG2Eアジアのカンファレンスでは21日、日本IRをテーマとしたパネルが行われ、パネリストは日本IR開業によるマカオ、シンガポールや韓国のゲーミング市場への影響は懸念する必要がないと述べた。

アジア、莫大な投資によりカジノ供給過剰に直面する

ユニオン・ゲーミング(Union Gaming)の分析者は、アジアにおける約650億米ドル(約7兆1850億円)の新規カジノ開発を刺激するのに同地域の経済的成長が不十分であると警告している。

ギャンブリング会社、ミレニアル世代の顧客の獲得に苦戦

高齢化する人口により、世界の先進国の経済に難題が生まれている。特に日本での影響は大きく、ギャンブル業界は衰退を目のあたりにしている。研究によると、ミレニアル世代はその親の世代とは違い、ギャンブルやカジノに出費を行っていないことが分かっている。

ナイトクラブ、アジアIRの収益促進を後押し出来るか

日本のIRとして考慮されるべき非ゲーミング・アトラクションには主要ナイトクラブが挙げられる。IRの目的の1つは、日本国内で24時間営業型の娯楽を提供し、個人の消費の引き上げを実現することである。こうした動きはアジアの他の地域では既に進行している。

アクセスランキング

スティーブ・ウォルステンホルム氏、ベトナムIRに加わる

オカダマニラの社長兼マネージングディレクター、スティーブ・ウォルステンホルム氏(Steve Wolstenholme)は、ベトナムのホイアン・サウス(Hoi An South)のプロジェクトの最高執行責任者に任命された。

日本のカジノ ポーカー許可の可能性あり


毎日新聞の報道によるとIR内での日本のカジノではポーカーが許可される見込み。

ベトナム、カジノ税制優遇措置の廃止を議論

ベトナム政府は、国の経済特区でカジノやその他のゲーミングベンチャーに与えられている税制優遇措置を廃止する提案を検討中だと、地元メディアが報じた

UBS、マカオのマスマーケット予測を上方修正

UBSは、マカオの2018年度のマスマーケットギャンブル部門成長予測を、前年の17%から18%へと上方上昇した。ただし、同部門は政府による中国のユニオンペイ(UnionPay)のPOS端末撤去に最も影響を被る可能性があると付け加えている。

日本IRのセキュリティ問題 

IRの設立は新たなセキュリティ上の課題をもたらすと思われるが、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の企業セキュリティ上級副社長であるジェームズ・スターン氏(James Stern)によれば、日本はそれらの問題に対してうまく対応が出来るだろうとのこと。