火曜日, 9月 22, 2020
ホーム カナダ

カナダ

クレアベスト、投資資金6億7300万米ドルを所有

日本でのIRライセンスを目指しているカナダのクレアベスト・グループ(Clairvest Group)の最新の決算報告によると、同社は財務資金、信用機関、買収先の資金や払込前資本を通して約6億7300万米ドル(約727億円)の資金を所有していることが分かった。この数字は、最近の四半期に比べて多くなっている。

クレアベスト、南米カジノとの合併へ合意

日本IRの可能性を模索しているカナダのクレアベスト・グループ(Clairvest Group)は、同社の南米カジノをサン・ドリームズ(Sun Dreams)と合併させる覚書に証明した。新たな組織はサン・ドリームズ傘下になる。

クレアベストの投資資金は748億円に微減する

2018年第4四半期の財務報告によると、日本市場でIRライセンスを目指しているカナダのクレアベスト・グループ(Clairvest Group)は2018年末時点で、将来的な取得用に財政資金や信用供与等を経由して約8億9070万カナダドル(約748億円)の資金を準備することが可能である。

クレアベスト、投資用の約753億円を用意済み

2018年第3四半期の財務報告によると、日本の地域市場でのIRライセンスを求めているカナダのクレアベスト・グループ(Clairvest Group)は財務資金や与信枠などの将来の買収に利用可能な約8億8280万カナダドル(約753億円)の資本を有しているとのこと。

クレアベスト・グループ

クレアベスト・グループは、トロントに本社を置くプライベート・エクイティ・マネジメント会社として、主に北米を中心に、ゲームミング業界を含む幅広い業界の中堅企業への投資を行っている。また、南米市場に注目し、投資家または運営者の立場から20か所以上のカジノ開発に関与している。

アクセスランキング

横浜ビジネスリーダーら、IR入札を再び促進

横浜のビジネスリーダーらは土曜日の会議を利用し、市政によるIRライセンス入札要請の更新を行った。

政治的危険性で北海道IR見通しに陰り

苫小牧市の熱意とは裏腹に北海道からのIR入札の見通しに暗い政治的な暗雲が影を落としている状態となっている。

第3四半期、非ゲーミング訪問者支出の成長率がゲーミングを上回る

政府統計處のデータによると、マカオの第3四半期では訪問者の非ゲーミング支出が15.2%上昇し、期間中のゲーミング総粗収益(GGR)の伸び率を上回ったとのこと。

4月の統一地方選挙、IR入札が越えなければならない壁

地方自治体のIR入札は、主な執行・立法機関で保守派若しくは右派が権力の座にとどまることを大前提としている。カジノ合法化と地方IR開発に反対しない中道左派の政党・機関が残っていないため、今年の4月に控えている統一選が非常に重要な日となるでしょう。

宮城県、IR誘致を再検討

宮城県の村井嘉浩知事は、去年の6月に県のIR誘致が非現実的だという見解をひっくり返し、誘致の再検討に前向きな姿勢を見せている様子。