金曜日, 10月 23, 2020
ホーム シンガポール

シンガポール

シンガポール政府が賭ける長期的視野に立ったカジノ税制度

いわゆる「ギャンブル」の合法化は、政策立案者が直面するであろう、最も意見が両極端に別れる課題だ。

マリーナベイ・サンズ、高級和食レストランをオープン

日本IRからどんな施設を期待出来るかをショーケースするように、シンガポールのマリーナベイ・サンズは300人規模の高級和食レストラン「KOMA」をオープンした。

シンガポールへの訪問者、5ヶ月で780万人に到達

2019年の1月~5月期にシンガポールは780万人の訪問者を呼び寄せ、前年比の1.5%成長したことが分かった。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。

モーガン・スタンレー、ゲンティン・シンガポール成長を慎重に見据える

ゲンティン・シンガポールの2019年1月~3月期の業績は運の要素により予想を上回ったが、分析者は短期的な見通しを慎重に見据えると述べている。

シンガポール政府、カジノ拡張の恩恵を受ける

アナリストによると、シンガポールは国内の統合型リゾート2ヵ所の67億米ドル(約7400億円)に値する拡張を許可した合意により、税金と入場料の収益が増加することでシンガポール政府が一番恩恵を受けるとされている。

シンガポール、7400億円の投資でIR拡張へ

シンガポール政府は3日、IR開業以来初めての大型拡張を認めると発表した。国内2つのIRを運営するラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)およびゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)はゲーミング以外の施設のために合計90億シンガポールドル(約7400億円)を投資する。

ゲンティン・シンガポール、2018年10~12月期12%成長

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は、2018年10~12月期に純利益が12%成長したことを報告し、ゲーミングとノン・ゲーミング事業で見られた良好な業績がプレミアム・マス向けセグメントでのマーケティングを強化により更に伸ばされたという。

ゲンティン・シンガポール、フィリピン・カンボジアと激しい競争

野村ホールディングスによると、ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は、マス向け市場でフィリピン・カンボジアとの競争激化に直面しているが、経営陣はVIP向け市場では成長の余地はあると考えている模様。

シンガポールのギャンブル税収、2017年度は前年度と変わらず

シンガポールでは2017~2018会計年度に27億シンガポールドル(約2270億円)のギャンブル税収を記録し、前年度と殆ど変わらない数字となった。

アクセスランキング

横浜IR誘致予算、反対されるも可決

カジノ反対を訴える数百人の抗議者に横浜市役所が囲まれる中、横浜市は22日の本議会で自民党系の支持によりIR誘致の補正予算案を可決した。

カジノ課税制度、問題点のまま

現在のIR進捗状況でも、カジノやIRの課税が不明なままで争点となっている。

横浜、山下ふ頭のコンセプト募集を発足

横浜市は、山下ふ頭におけるIR開発の民間事業者からのコンセプト提案募集(RFC)を発足した。

林市長リコール運動とその侮り難さ

すべてのIR誘致候補地は何らかの形で現地民による抗議に直面しているが、最も注目すべきは林文子横浜市長に対するリコール運動である。

モルガン・スタンレー:マカオではゲーミング以外の収益が増加

モルガン・スタンレーの研究メモによると、マカオの主なカジノを経営する6社のEBITDA(金利・税金・償却前利益)成長率がゲーミング以外の収益増を背景に、ゲーミング総収益(Gross Gaming Revenue = GGR)の成長率を上回ったと述べた。