ホーム マカオ

マカオ

マカオのカジノ王が残したリーダーシップ問題

マカオのカジノ業界の象徴的存在であったスタンレー・ホー氏(Stanley Ho)が死去したことについて、世界のニュースの見出しが注目した。それは中国南部と東アジア地域の歴史を良かれ悪しかれ大きく影響した証である。

マカオのマス向けカジノ収益、VIP向けを超える

バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)のアナリストによると、マス向け市場が有力になるにつれて、2022年にはマカオにあるカジノのVIP向け収益の割合が34%まで落ちる見通しである。

メルコ、2019年7月~9月期に16%成長を報告

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、シティ・オブ・ドリームズ・マカオ(City of Dreams Macau)の好調な業績とマス向けやスロット部門の記録的な実績に牽引され、2019年7月~9月期における16%の成長を報告した。

MGMチャイナ、2019年7月~9月期に22%の成長

MGMチャイナ(MGM China)の収益成長がMGMコタイに市場初の新規ゲーミングテーブル25台を設置したことにより牽引されたが、今後は主に成長が期待されるのはマス向け市場である。

SJMホールディングス、6月~9月期予想を下回る

SJMホールディングス(SJM Holdings)の2019年6月~9月期におけるEBITDA(金利・税金・償却前利益)が予想を下回る結果となった。要因としてVIPゲーミング総粗収益(GGR)が43%急落したことが挙げられている。

セガサミークリエイション、マカオでスロット初稼働

セガサミークリエイションはマカオでスロットゲームを初めて設置したことを発表し、スロットゲームとアジア市場に対して前向きに考えていると述べた。

エバン・ウィンクラー、メルコ社長に任命される

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts and Entertainment)は9月4日に、新しく作られた社長の職にエバン・ウィンクラー氏(Even Winkler)を任命した。

ギャラクシー、収益横這いの4月~6月期が予想を上回る

ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の報告によると、4月~6月期における調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)が横ばい状態だったにもかかわらず、高いホールド率に牽引されアナリストの予想を上回った。

SJMゲーミング売上が減少、リスボア・パレスのオープンが先送りへ

SJMホールディングスは凶報に接し、2019年1月~6月期におけるゲーミング売上がわずかに減少したことにより、コタイにあるグランド・リスボア・パレス(Grand Lisboa Palace)の完成予定が再び先送りとなった。

メルコが好調な売上を報告; ローレンス・ホーは日本に前向き

2019年4月~6月期の決算説明カンファレンスコールで語ったメルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)会長兼CEOローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、日本に対して前向きなスタンスを維持している。

アクセスランキング

エレイン・ウィン氏、取締役の再選阻止を目論む

共同設立者で大多数の株主であるエレイン・ウィン氏 (Elaine Wynn)は、ウィンリゾーツの取締役会に「新しい風を吹き込む」ため、長年の取締役であるジョン・J・ハーゲンブック氏(John J. Hagenbuch)の再選阻止に協力する株主の支援を求めている。

サンシティ:日本コンソーシアムを形成、ベトナム事業も視野に

マカオの大手ジャンケット事業者であるサンシティー・グループ(Suncity Group)は、ライセンス取得を検討するために日本コンソーシアムを結成したと、エグゼクティブディレクターであるアンドリュー・ホー氏(Andrew Ho)がインタビューで語った。

ローレンス・ホー氏:日本IR収入はマカオ水準には及ばず

メルコリゾーツの会長兼CEOローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、日本のIRがマカオと同規模の収益を生み出すことは期待していないものの、関西または関東のいずれかの地域に「1兆1000億円以上のリゾート」を建設する意欲は充分にあるとした。

ウィン・リゾーツ、社内初のサステナビリティ責任者を任命

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)はエリック・ハンセン氏(Erik Hansen)を同社初のサステナビリティ責任者として任命したことを発表した。この新たな役職でハンセン氏は、同社のグローバルな持続可能性戦略やエネルギー調達目標の達成を担うこととなる。

歌舞伎町2度目の違法カジノ摘発で28名逮捕

東京警察は歌舞伎町にて2回目の違法カジ店の摘発を行い、約40台のスロットマシンと複数のバカラテーブルを備えた2つの店舗を含むという前回よりも大規模なものとなった。ごく最近の摘発においては経営者や職員、また利用客など28人の逮捕に至っている。