ホーム ロシア

ロシア

日本企業、ロシアのカジノ開発に参加

滋賀県大津市を拠点とするシンプルクリエイト株式会社は、ロシアのダイヤモンド・フォーチュン(Diamond Fortune)とパートナーシップを結んだことが明らかになった。ダイヤモンドのインペリアル・ホテル開発計画は、東ロシアにある沿海地方ゲーミング特区でのもっとも大規模な計画の一つである。

ウラジオストクのティグレ・デ・クリスタルでマス市場がVIP上回る

ロシア、ウラジオストクから38kmにあるアルチョーム市(Artem)に位置するティグレ・デ・クリスタル(Tigre de Cristal)のリゾート兼カジノ施設を運営している香港の株式市場の上場企業、サミット・アセント・ホールディングス(Summit Ascent Holdings)は、540万香港ドル(約7640万円)の損失を計上した前年とは打って変わって、2018年上半期には利益、260万香港ドル(約3680万円)と利益を達成している。

ロシアのカジノ元幹部が破産申告

カジノ運営のビジネスが必ずしも華やかで成功で終わると限らない例が、最近ロシアで伺える。

シャンバラ社、ロシアに新しいエンターテイメント施設を建設

ロシアのカジノ投資家であるシャンバラ(Shambala)は、同国プリモリエ地区内の2つの土地区画の公開競売に競り勝ち、同地区に1万6000平方メートルもの複合娯楽施設を建設する計画を発表した。

アクセスランキング

ベトナムとカンボジアで中国資本に対するデモ

中国からの資本流入に対する反発を背景に、ベトナムとカンボジアの両国で大規模デモが勃発している。しかし、両国のゲーミング市場はその影響を受けることはなく、市場はプラスの見通しとされている。

マルハン 2017年度売上高7.6%減

パチンコホールの数では2番目、売上高においては1位を誇るマルハンは2017年度の総売上高が7.6%減っており、ここ数年で減少の一途をたどっている。

サンズ、ローカルサポートプログラムを強調

サンズ・チャイナ(Sands China)は、中小企業2社の事業説明ロードショーを開催し、マカオの地元ビジネスコミュニティに対する支援を強調した。

ムーレン氏:MGMは大阪を目指す


MGMリゾーツインターナショナルの会長兼最高経営責任者のジェームス・ムーレン氏は水曜日にMGMは日本の大都市市場にのみ貢献する意図を述べ、大阪こそが目指している場所だと報道陣に語った。

マカオのギャラクシー、IR施設内にフランスの有名ビストロがオープン

ギャラクシー・エンターテイメント(Galaxy Entertainment)は、モナコのカジノ運営者であるソシエテ・デ・バン・ド・メール(Societe des Bains de Mer)との提携の一環として、フランスのビストロ・ブランドをギャラクシー・マカオ・リゾートに配置し、マカオの料理のレパートリーの開発を行っている。