ホーム カンボジア

カンボジア

期待されるカンボジア市場の可能性

カンボジアは、アジアの魅力的なカジノ市場の一つとしてみなされている。また、プノンペン(Phnom Penh)の政府は9月に、カジノ業界を規制するための延びに延びていた法案を成立させることが想定されている。

モルガン・スタンレー:新たな債権発行でナガ・コープの運営にメリット

カンボジアのナガ・コープ(NagaCorp)は、中国のアウトバウンド海外ツーリズム上昇の恩恵を受ける企業となる見込みだ。また、モルガン・スタンレーのアナリストによると、同社は最近の発券により、今後の成長にも良い影響が見込めるという。

アクセスランキング

国税庁、ギャンブル所得の申告を呼び掛ける

国税庁は、所得税の確定申告の始まりに合わせて、ギャンブルによる利益の適正な申告を呼び掛けている。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

佐世保商工会議所、6月にビジネス構築セミナー開催へ

和歌山市で成功したイベントに続き、佐世保市でも「ビジネス構築セミナー」が6月27日に開催される。このイベントは長崎県公認であり、佐世保商工会議所が主催する。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。