ホーム カンボジア

カンボジア

カンボジア、オンライン・ギャンブルの廃止へ

カンボジアのフン・セン首相(Hun Sen)が日曜日に発表した指令によると、オンライン・ギャンブル会社へのライセンス発行を廃止し、既存のライセンスが終了すると更新されないことが分かった。

ナガワールド、メコン地区最大の川沿いIRとなる

香港で上場しているナガコープ(NagaCorp)は21日、35億米ドル(約3770億円)の「ナガ3(Naga 3)」拡大計画に関する詳細を発表した。

カンボジアのカジノ市場成長がゲンティン・マレーシアを脅かす

JPモルガンのアナリストによると、急成長を示しているカンボジアのカジノ市場と観光産業がゲンティン・マレーシアの大きな競合相手になる可能性がある。

カンボジアがマネー・ロンダリング対策を強化

カンボジア警察の代表者によると、政府は国内におけるマネー・ロンダリング取締りの対策グループと行動計画を発表した。

シアヌークビル市のビジネスの9割を中国が握る

シアヌーク州当局の報告によると、シアヌークビル市における9割のビジネスは、中国人によって独占的な状況にあるという。

AGBがメコン・ゲーミング・サミットに向けてカンボジア政府から賛同を得る

アジア・ゲーミング・ブリーフ(Asia Gaming Brief = AGB)は、9月10日と11日にカンボジアのプノンペンで開催される「メコン・ゲーミング&ホスピタリティ投資サミット(Mekong Gaming & Hospitality Investment Summit)に向けて上級大臣兼経済財政大臣のオーン・ポンモニラット氏(Aun Pornmoniroth)の賛同を得た。

期待されるカンボジア市場の可能性

カンボジアは、アジアの魅力的なカジノ市場の一つとしてみなされている。また、プノンペン(Phnom Penh)の政府は9月に、カジノ業界を規制するための延びに延びていた法案を成立させることが想定されている。

モルガン・スタンレー:新たな債権発行でナガ・コープの運営にメリット

カンボジアのナガ・コープ(NagaCorp)は、中国のアウトバウンド海外ツーリズム上昇の恩恵を受ける企業となる見込みだ。また、モルガン・スタンレーのアナリストによると、同社は最近の発券により、今後の成長にも良い影響が見込めるという。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。