火曜日, 9月 22, 2020
ホーム 台湾

台湾

台湾のゲーミングサービス業界が急成長

台湾は現在、ゲーミングサービス業界で約20万人の従業員を雇用しており、法的枠組みが完全とは言えない中、ゲーミング企業による投資が増加している。

アクセスランキング

期待されるカンボジア市場の可能性

カンボジアは、アジアの魅力的なカジノ市場の一つとしてみなされている。また、プノンペン(Phnom Penh)の政府は9月に、カジノ業界を規制するための延びに延びていた法案を成立させることが想定されている。

宝くじ収入下降の一途をたどる

日本の宝くじ券売上金は2017年度には6.9%減の7866億円という数字を示しており、10年以上も前の2005年度にピークに達して以来、下降の一途をたどり続けている。

ギャラクシー会長、IR入札の非ゲーミング要素面を重要視

ギャラクシー・エンターテインメントの会長であるルイ・チェーウー氏(Lui Che-Woo)は日本でのIRライセンス契約は施設の非ゲーミング面に焦点を当て、ハイエンドな市場を対象にすると述べた。

夏の訪問者数が更に増加へ

マカオ政府観光局(MGTO)は、夏休み期間中における訪問者数が5%伸び、これによりホテルの客室利用率が90%を超えると見込んでいると、マカオラジオテレビ(TDM)は報じている。 

スタジオ・シティ、米国IPOで約404億円を集める

メルコリゾーツ&エンターテインメントの一部門であるスタジオ・シティ・インターナショナル・ホールディングス(Studio City International Holdings)は、先週の水曜日に米国における新規株式公開(IPO)で、米国預託株式(ADS)1株ごとの最終公募価格を12.50米ドル(約1400円)とし、合計3億5940万米ドル(約404億円)を集めた。