Friday, January 22, 2021

東京とフィリピン裁判所、岡田和生氏の訴えを拒否

東京とフィリピン裁判所は、自身が創業したゲーミング事業を取り戻そうと戦っている岡田和生氏の訴えを拒否した。

ランディング・インターナショナルの会長がカンボジアで拘束か

中国メディアの報道によると、韓国の済州神話ワールド・リゾートを運営するランディング・インターナショナル(Landing International)のヤン・ジフイ(Yang Zhihui)会長はカンボジアの空港で拘束された。

ウィン・リゾーツが規制機関に3500万米ドル罰金を課される

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為疑惑を開示しなかったことに対して、マサチューセッツ州のゲーミング規制機関に3500万米ドル(約38億円)の罰金を課されたが、6月にオープンを控えているアンコール・ボストン・ハーバー(Encore Boston Harbor)IRのカジノライセンスをそのまま保有することが許された。

日本IR、パチンコ・公営競技を認めず

日本のIR規制におけるIR基本方針案の10ページにある文章によると、日本のIRにパチンコや競馬・競輪などの公営競技の設置が認められないことが分かり、一つの懸案事項が解決した。

フィリピン裁判所、パグコアに事業許可証の発行命令

フィリピン控訴裁判所は、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)にウォーターフロント・フィリピン(Waterfront Philippines)にエンターテインメント・シティ地域での統合型リゾート事業許可証を発行するよう命じた下級裁判所の判決を支持した。

シアヌークビル市のビジネスの9割を中国が握る

シアヌーク州当局の報告によると、シアヌークビル市における9割のビジネスは、中国人によって独占的な状況にあるという。

秋元司議員の汚職事件が持つ意味

元内閣府副大臣で衆議院議員の秋元司容疑者の二度目の逮捕により、500ドットコムの汚職事件が再び話題になっている。しかし、検察側の今までの行動不足は日本IRの未来についてさらに疑問を投げかけることになっている。

日本の新たなゲーミング産業、公正な基準開発

昨年、日本のカジノギャンブルに関するルールの討議やゲーム機のガイドラインの策定、また独立した公平な立場から多面的な研究を行うべく日本ゲーミングスタンダード協会(JIGS)が発足した。

ウィン・リゾーツがネバダで22億円の罰金を科される

ネバダ・ゲーミング委員会(Nevada Gaming Commission)は、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の創業者で元会長のスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為の申し立ての不適切な対応を理由に、2000万ドル(約22億円)の罰金を科した。今までネバダ・ゲーミング委員会が科した最高罰金額であった550万ドルの記録を大幅に塗り替えた。

内部告発者がクラウン・リゾーツを告発

2016年に18人の同僚と共に逮捕されたクラウン・リゾーツ(Crown Resorts)の元従業員は、クラウンが中国を対象に違法ハイローラー振興活動を企んだとして告発したとオーストラリアの現地メディアが報道した。

アクセスランキング