Wednesday, April 14, 2021
Home 日本

日本

長崎県、IR政策の抜け穴をしっかりと塞ぐ

日本IRの競争において、確実に政策を進めている印象を与えている自治体は依然として長崎県のみである。

横浜IRの賛成派と反対派がそれぞれ体制を整える

横浜では今週、IR誘致の賛成派と反対派がそれぞれ8月の市長選に向けて体制を整い始めた。

内容薄い横浜IRのメッセージ:「アフターコロナ」

林文子市長陣営は横浜市民にIR誘致をアピールしようと動き出しているが、効果的な広報活動からほど遠い内容になっている。

横浜市長が再選を目指さない可能性浮上

3選を果たしてきた横浜の林文子市長が今年8月29日に任期満了を迎える。今まで林市長は4選を目指す事が既定路線であったが、最近になって出馬しない可能性も出てきた。

北海道ホワイトIRが再び見送りへ

「愚か者は1000回死んでも、賢者は一回に限る」。シェイクスピアの言葉を基に作られた英語の諺は、再び見送りとなった北海道のIR誘致に当てはまるのではないか。

日本のオンラインギャンブルが静かに急成長

政界やメディアからの脚光を浴びることはないが、合法と違法が入り混じった形で日本は既にオンラインやモバイルのギャンブルの成長期に突入している。

依存諸対策とカジノ入場料の見直し

今年は新型コロナウイルスがメディア報道の殆どを埋めているため、20年代後半に開業する統合型リゾート(IR)に対するギャンブル依存症などの対策が関心事としては後回しになってしまっている。

日本のIR規制は失敗の設計図

カジノやIRを持つ国は業界を管理するために独自の規制を策定しているが、日本は当初から多くの要素を寄せ集めて混ぜ合わせたがため、現状の不運を自ら招いた設計になったのではないか。

日本の自治体はグローバル観点が必要

日本政府のIR開発スケジュールが9か月ほど延期されたことに対して、IRに手を上げている自治体の反応と態度は明確に分かれた。

500ドットコムは無実を主張

500ドットコムの贈収賄事件が公になってから10か月が経つが、最も罪が重い人物たちから不正を自白していなければ、罪を償う決定も未だ下されていない。

アクセスランキング

長崎県、IR政策の抜け穴をしっかりと塞ぐ

日本IRの競争において、確実に政策を進めている印象を与えている自治体は依然として長崎県のみである。

横浜IRの賛成派と反対派がそれぞれ体制を整える

横浜では今週、IR誘致の賛成派と反対派がそれぞれ8月の市長選に向けて体制を整い始めた。