ホーム 日本

日本

和歌山、IR誘致先送りの必要性を描く

今週はあるお知らせが届いた。この誰も予期しなかったものでポジティブとは言えないお知らせとは、和歌山県内にあるマリーナシティの開発をめぐり、和歌山県とパートナーシップを目指し申請書を提出したIR事業者は、サンシティ・グループ(Suncity Group)だけだということである。

新型コロナウイルス感染症、パチンコ産業の減退を加速

危機とは、新しい傾向を生み出すではなく、平和の時代のゆとりのある進化より早く、歴史の流、すでに出来つつある傾向を加速するものである。

日本IR開発、現実から目を背けることか戦略か

世間の目の届かないところで心配事を抱えているとしても、安倍政権のIR戦略は公に問題がなく、進路を変えず前進あるのみと振る舞うままである。

新型コロナロックダウン、オンラインギャンブルにとって分岐点

ここ数十年間、従来型の施設からデスクトップやモバイルデバイスへのシフトが起こりつつあるが、新型コロナウイルス感染症によるロックダウンから生まれる結果の一つは、生活のデジタル化へ抵抗を覚えている日本や世界中の高年齢増がやむを得ず乗ずることになった。アジアにおけるギャンブル産業に対しても言い切れることである。

IR基本方針、遅延は避けられない状況に

日本のIR計画が最終的に現在の政策方針に沿って進むかどうかは別として、ここ数週間の状況の変化により、計画が予定通りに進む可能性が低くなってきた。

新型コロナウイルスと東京五輪、IR計画を脅かす

日本における現状は、安倍晋三首相の勇退パーティーを阻止する完璧な嵐になりつつある。

日本の統合型リゾート演劇

日本における統合型リゾートの長くて屈曲だった道のりは昼ドラのようなものである。展開の遅いペースを考えると、米国NBCで半世紀近く放映されているデイズ・オブ・アワ・ライヴスとはいい勝負になる。

安倍政権が崩壊すれば、日本のIR方針は存続するのか

2018年7月にIR実施法が成立されて以来、日本のIR開発が本当に前進するかという質問に対する答えは肯定的な領域にある。しかし、ここ数ヶ月の予期せぬ出来事により、日本のIR方針が完全に崩壊してしまう可能性が少なくともゼロではなくなった。

和歌山IR誘致のキーワード「シナジー」

多くの者にとって、和歌山県のIR誘致は大阪の夢洲開発との距離が近いため、3つあるライセンスの一つを取得する期待が薄いものだ。

大阪、IR再検討の瀬戸際か

IR開発が進む過程の様々な時点で、大阪の先導者たちが3つあるIRライセンスの取得に向けて上手い具合に進捗しているように見えていたが、今は松井一郎市長と吉村洋文知事が一旦身を引いて、改まった視点で状況を確認するタイミングかもしれない。

アクセスランキング

海外IRオペレーターらは少数派パートナーとなるか

海外のカジノ運営会社らは日本のIRではまずは少数派パートナーという希望に反した出だしを切る可能性があるとの見解を示した。

ドゥテルテ大統領、カジノ展開への扉を閉める

フィリピン大統領のロドリゴ・ドュテルテは本国でのゲーム産業の再展開はないと述べ、現在進行中の投資計画に対する不安が残る形になった。

IRビジネスのリスク評価は不透明のまま

7月20日に統合型リゾート(IR)実施法が可決したが、IR運営者にとってのビジネス・リスクの評価は今も本格的に行われていない状況であると、アンダーソン・毛利・友常法律事務所のパートナー石原仁氏はAGB Nipponに語っている。

オーストラリア、ゲーム内ガチャとギャンブル依存症の関連性調査結果

オーストラリア上院議会による「ルートボックス」(Loot Box = モバイルやオンラインゲームの「ガチャ」)に関する調査の結果、人気のあるガチャというゲームの特性はギャンブル依存症の間に関連性があることが明らかとなった。

セガサミー、主要国際IRオペレーターとしての今後を模索

セガサミーホールディングスは今週、150ページに及ぶ「統 合 レ ポ ート 2018」を発表し、他の目標と共にいずれは国内外において世界的に有名なIRオペレーターらと同等の立場に立つ意思を宣言した。