ホーム 日本

日本

安倍政権が崩壊すれば、日本のIR方針は存続するのか

2018年7月にIR実施法が成立されて以来、日本のIR開発が本当に前進するかという質問に対する答えは肯定的な領域にある。しかし、ここ数ヶ月の予期せぬ出来事により、日本のIR方針が完全に崩壊してしまう可能性が少なくともゼロではなくなった。

和歌山IR誘致のキーワード「シナジー」

多くの者にとって、和歌山県のIR誘致は大阪の夢洲開発との距離が近いため、3つあるライセンスの一つを取得する期待が薄いものだ。

大阪、IR再検討の瀬戸際か

IR開発が進む過程の様々な時点で、大阪の先導者たちが3つあるIRライセンスの取得に向けて上手い具合に進捗しているように見えていたが、今は松井一郎市長と吉村洋文知事が一旦身を引いて、改まった視点で状況を確認するタイミングかもしれない。

秋元議員が拘留されるが、多くの疑問が残る

安倍政権下の殆どの政治スキャンダル同様、今回の賄賂事件は謎の解明、そして教訓を活かした改革などに繋がることはなさそうだ。そして完全な真実が明らかにされる前に調査は停止し、論理的な進歩も追及されないまま、政府は何もなかったかのよう振る舞う。

長崎の平田研副知事との対談

AGB Nipponとの独占インタビューをさせて頂いた長崎副知事の平田研氏は、国の大事となる話題に触れつつ日本の最も準備が進んでいる地方自治体IR候補者について詳しく話を聞かせていただきました。

日本市場のリスクに対するIR事業者の見解

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は、日本市場に強い関心を寄せるアジアの主要IR事業者の中でも、固く口を閉ざしてきた存在であった。しかし、今週月曜日に発行された84ページの株主への回覧決議書には同社の目的に関する重要なポイントが概説されていた。

クレアベスト:北海道のIR入札は再び浮上するかもしれない

AGB Nipponとの独占インタビューにて、クレアベスト・グループ(Clairvest Group)の日本におけるIR活動の先頭に立つザ・タフレール・グループ(The Taffrail Group)社長のロバート・ベルディア氏(Robert Verdier)は「北海道は、食べ物・スポーツ・大自然の良さにより日本の統合型リゾート候補地としてまだ有力だ。我々のスタンスは変わらないまま」と述べた。

安倍政権のブルドーザー手法の限界

日本のIR整備の問題について、安倍政権は圧倒的な力で野党と大多数の国民の意見を押しのけ、初期段階から政治的なブルドーザーのように振る舞ってきた。確かにこの手法で長い道のりを歩んできたが、犠牲が増しており、限界が見え始めている。

日本のIR産業と「カエサルの妻」

「カエサルの妻たるもの、そのような疑いすらかけられてはならない」という2000年以上前に異国で語られた政治的な英知は今、日本のIR産業にとって良い教訓である。

カジノ課税制度、問題点のまま

現在のIR進捗状況でも、カジノやIRの課税が不明なままで争点となっている。

アクセスランキング

シーザーズ 日本IRキャンペーンを加速

シーザーズエンターテインメントの社長であるマーク・フリッソーラ氏が今週日本を訪れる中、同社の役員らは国内当局者やメディアと会談し新たな展開を発表する。シーザーズはこれらの進展により日本でのライセンス取得を求めている国際IR事業者の中では有力候補者の一つであることを証明した。

有識者のパネル:IRの国内マーケットの重要性

日本のIRを独創的に創り出すことは市場の成功にとって不可欠だが、オペレーターは国内マーケットの重要性を考えなければいけない。

野党 IR法案停止に向け総選挙の準備

立憲民主党代表の枝野幸男は、安倍内閣に対する不信任案を提出する準備が出来ていると述べ、必要とあらばIR実施法案の通過を阻止すべく解散総選挙で対抗する意思も明らかにした。

ハードロック、スペインのIRライセンス取得

ハードロック・インターナショナル(Hard Rock International)はスペイン西部タラゴナで20億ユーロ(約2650億円)のIRを構築するライセンスを取得した。

山下ふ頭IR概念へ強い反対 

横浜港運協会の藤木幸夫会長は毎日新聞とのインタビューで山下ふ頭でのIR設置に対し強く反対を表明し、それでも市政府がカジノを主催したいという主張を推し進めたいのであれば、代わりに現地の米軍基地を改造するべきだと提案した。