ホーム 日本

日本

京都 IR歓迎せず

京都商工会議所の立石義雄会頭は梅島でのIR構築の際には大阪を支援するが、日本の古都であるべく京都はIRには全く関心がないと記者会見で明らかにしている。

IR市場予測 楽観視し過ぎか

多くの業界アナリストらが東京または横浜のどちらかがIR入札を行うであろうと想定し続ける中、日本の地域社会での政治面に現実的な目を向けるといまだに不一致な点が目立つ。

横浜市長、「静観」の姿勢維持

林文子横浜市長は、統合型リゾート施設(IR)実施法案が地方ではなく大都市の市場により有利な形になるとの見通しが広がっているにもかかわらず、2017年1月に採択した「白紙」の立場を現在も維持している。

宮崎、IRレースから脱落

人口の少ない府県にはIRを設置する意味がないという理由で宮崎知事はIR争奪戦の離脱を表明し、宮崎は統合型リゾート施設(IR)実施法案の初の脱落県となった。

安倍政権 スキャンダルに動揺

IR実施法案が国会で可決される可能性は高いと思われるが、スキャンダルが原因で安倍政権が崩壊する可能性もまた出てきている。

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

シーザーズ 日本IRキャンペーンを加速

シーザーズエンターテインメントの社長であるマーク・フリッソーラ氏が今週日本を訪れる中、同社の役員らは国内当局者やメディアと会談し新たな展開を発表する。シーザーズはこれらの進展により日本でのライセンス取得を求めている国際IR事業者の中では有力候補者の一つであることを証明した。

カジノ管理委員会 注目を集める

統合型リゾート施設(IR)実施法案の下で設立されるカジノ管理委員会の構造は、政府が議員らに基本案を明らかにしていることにより注目を集め始めている。

カジノの提案 投資水準に達するか

与党に提示された税率や入場料、カジノ床面積制限等に関する政府の提案は事業界や日本の政党からは多くの異なる反応を得ている。


アクセスランキング

海外IRオペレーターらは少数派パートナーとなるか

海外のカジノ運営会社らは日本のIRではまずは少数派パートナーという希望に反した出だしを切る可能性があるとの見解を示した。

ドゥテルテ大統領、カジノ展開への扉を閉める

フィリピン大統領のロドリゴ・ドュテルテは本国でのゲーム産業の再展開はないと述べ、現在進行中の投資計画に対する不安が残る形になった。

IRビジネスのリスク評価は不透明のまま

7月20日に統合型リゾート(IR)実施法が可決したが、IR運営者にとってのビジネス・リスクの評価は今も本格的に行われていない状況であると、アンダーソン・毛利・友常法律事務所のパートナー石原仁氏はAGB Nipponに語っている。

オーストラリア、ゲーム内ガチャとギャンブル依存症の関連性調査結果

オーストラリア上院議会による「ルートボックス」(Loot Box = モバイルやオンラインゲームの「ガチャ」)に関する調査の結果、人気のあるガチャというゲームの特性はギャンブル依存症の間に関連性があることが明らかとなった。

セガサミー、主要国際IRオペレーターとしての今後を模索

セガサミーホールディングスは今週、150ページに及ぶ「統 合 レ ポ ート 2018」を発表し、他の目標と共にいずれは国内外において世界的に有名なIRオペレーターらと同等の立場に立つ意思を宣言した。