火曜日, 9月 22, 2020
ホーム 日本

日本

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

シーザーズ 日本IRキャンペーンを加速

シーザーズエンターテインメントの社長であるマーク・フリッソーラ氏が今週日本を訪れる中、同社の役員らは国内当局者やメディアと会談し新たな展開を発表する。シーザーズはこれらの進展により日本でのライセンス取得を求めている国際IR事業者の中では有力候補者の一つであることを証明した。

カジノ管理委員会 注目を集める

統合型リゾート施設(IR)実施法案の下で設立されるカジノ管理委員会の構造は、政府が議員らに基本案を明らかにしていることにより注目を集め始めている。

カジノの提案 投資水準に達するか

与党に提示された税率や入場料、カジノ床面積制限等に関する政府の提案は事業界や日本の政党からは多くの異なる反応を得ている。


アクセスランキング

横浜ビジネスリーダーら、IR入札を再び促進

横浜のビジネスリーダーらは土曜日の会議を利用し、市政によるIRライセンス入札要請の更新を行った。

政治的危険性で北海道IR見通しに陰り

苫小牧市の熱意とは裏腹に北海道からのIR入札の見通しに暗い政治的な暗雲が影を落としている状態となっている。

第3四半期、非ゲーミング訪問者支出の成長率がゲーミングを上回る

政府統計處のデータによると、マカオの第3四半期では訪問者の非ゲーミング支出が15.2%上昇し、期間中のゲーミング総粗収益(GGR)の伸び率を上回ったとのこと。

4月の統一地方選挙、IR入札が越えなければならない壁

地方自治体のIR入札は、主な執行・立法機関で保守派若しくは右派が権力の座にとどまることを大前提としている。カジノ合法化と地方IR開発に反対しない中道左派の政党・機関が残っていないため、今年の4月に控えている統一選が非常に重要な日となるでしょう。

宮城県、IR誘致を再検討

宮城県の村井嘉浩知事は、去年の6月に県のIR誘致が非現実的だという見解をひっくり返し、誘致の再検討に前向きな姿勢を見せている様子。