Wednesday, April 14, 2021
Home 日本

日本

セガサミーの里見治紀 IRへの意欲を語る

セガサミーホールディングスの社長兼最高執行責任者、そして創業者の里見治氏の息子である里見治紀氏は5月4日にCNBCでインタビューを行い、IRへの意欲を語った。

禁煙パチンコ店 普及

多くのパチンコ店が禁煙政策を採用し始めている。ほとんどの場合これは店内を喫煙席と禁煙席に分けることを指すが、一部の店は完全禁煙となっている。

MGM 大阪の祭りに参加


MGM リゾーツは大都市市場でのIRを追求するべく地域社会を味方につける最新の取り組みの一環として、5月初旬の大阪の道頓堀リバーフェスティバルに参加することを発表。

フィッチ 日本IRの売上高を6500億円とする


フィッチ・レーティングスは日本におけるIR 建設の第1段階が約6550億円の収益を生み出すと予測。これは2025年までに1.6兆円に及ぶIR市場発展を予測した4月11日のモーガン・スタンレーの報告書と比べるとはるかに低い。

大阪知事 立法の遅延に不満

水曜日に行われた記者会見にて大阪知事の松井一郎氏は他の野党の立法業務の遅延に対しての不満をあらわにし、現在の国会でIR実施法案が可決される可能性は低いと述べた。 

和歌山県知事 日本のカジノ立ち入り政策への意見を撤回


和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリナシティのカジノを地元の日本人らも利用出来る可能性があるいう意見を表明し、4月上旬のコメントを撤回する形となった。仁坂氏の考えの変化はこの一連の件に関する和歌山市長の尾花正啓氏との意見の食い違いから生じた模様。

京都 IR歓迎せず

京都商工会議所の立石義雄会頭は梅島でのIR構築の際には大阪を支援するが、日本の古都であるべく京都はIRには全く関心がないと記者会見で明らかにしている。

IR市場予測 楽観視し過ぎか

多くの業界アナリストらが東京または横浜のどちらかがIR入札を行うであろうと想定し続ける中、日本の地域社会での政治面に現実的な目を向けるといまだに不一致な点が目立つ。

横浜市長、「静観」の姿勢維持

林文子横浜市長は、統合型リゾート施設(IR)実施法案が地方ではなく大都市の市場により有利な形になるとの見通しが広がっているにもかかわらず、2017年1月に採択した「白紙」の立場を現在も維持している。

宮崎、IRレースから脱落

人口の少ない府県にはIRを設置する意味がないという理由で宮崎知事はIR争奪戦の離脱を表明し、宮崎は統合型リゾート施設(IR)実施法案の初の脱落県となった。

アクセスランキング

長崎県、IR政策の抜け穴をしっかりと塞ぐ

日本IRの競争において、確実に政策を進めている印象を与えている自治体は依然として長崎県のみである。

横浜IRの賛成派と反対派がそれぞれ体制を整える

横浜では今週、IR誘致の賛成派と反対派がそれぞれ8月の市長選に向けて体制を整い始めた。